仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 21 view

自分らしい考えを語る方法

本日のテーマ:【みんなで考えよう】
こんばんは! 水野です。
3連休の最後の日、いかがお過ごしでしょうか。
週末は『みんなで考えよう』ということで、土曜日から
【幸せに生きるとはどういうことか?】
というテーマで、皆さんの考えを投稿して頂いております。
せっかくですので、こちらでも投稿をご紹介しましょう。


私がとっても面白いなあ、と思ったのは、
対極的なこちらのおふたりのお考えでした。
 ● とにーさん
 私自身、現在進行形の状態では「幸せ」を感じることが
 なかなか難しいかも。
 人生の最期の瞬間、寄り添った妻に
 「あなたと一緒に人生を過ごせて良かった」
 と言われたら、幸せに生きられた、と思うかな。
 ● ゆかさん
 私は、「幸せに生きる」ということは、
 「幸せに生きると決める」ことだと思っています。
 今の自分の環境や、状況に左右されずに
 「幸せを感じる」癖をつけること。
 小さいことに、いちいち幸せを感じる。
 条件を与えないことが幸せなのではないかと、
 日々考えています。
私は、数年前までは、トニーさんの様な考えでいましたが、
最近は、ゆかさんに近い考えになって来ました。
でもまた、しばらくすると変わるかもしれません。
また、どんなことが幸せか、という事についても、
 ●KANさん
 僕にとっては、
 「自分が信じることに真剣に取り組んだ結果、
  心から喜んでくれる人がいる」
 状態が、それにあたりそうです。
 自分一人の行動や感情だけでは「幸せ」が完結しない
 ように感じます。
 そこに、誰かの笑顔(できれば親しい人の笑顔)が
 存在する映像こそ「幸せに生きる」って感じです。
 ●赤木さん
 幸せを一言で言うなら、「心が喜んでいる状態」
 だと思っています。
 喜びの感情を感じている状態ですね。
 では悲しんでいるときは幸せじゃないかと言うと、
 そうでもないと思います。
 たとえば卒業の時は、級友との別れを悲しみながらも、
 新たな出発への期待で喜びも感じられるはずです。
 中村文昭さんが本で、「幸せとは不安がない状態だ」と
 書かれていたのを読んで、なるほどと思いました。
 たしかに不安がないというのは、幸せですよね。
 それに不安というのは愛の対極で、すべての感情は愛と不安の
 どちらかだと言われます。
 ならば、不安がないとは、愛で満たされていることになります。
 そういう意味では、幸せとは愛を感じているとき、
 ということかなあと思っています。
と行った考えが寄せられています。
これもまた、なるほどと思える幸せですね。
で、私思ったんですが、今回投稿してくださっている方たちは、
抽象度の高い考え方をされる方が多いようですね。
でも、もちろん、
「寒い冬にこたつでみかんを食べるのが幸せ」
みたいに、具体的な幸せの行為があってもいいんですよ。
ちなみに、私がこういった質問を受けたときに、
答えを考える方法の1つに、
 ★ 自分が具体的に幸せを感じた出来事を思い出し、
   なぜそれが幸せに感じるのかを追求する
というのがあります。
こう考えると、よりリアル感を持って、自分が考える
幸せとは何か、という事を考えられるでしょう。
また、その考えを人に伝えるときも、「自分らしさ」
を持って語ることが出来ますので、同じ考えを持つ
人に対しては、納得感や共感を高めながら伝える事が
出来るようになりますよ。
ということで、さらに引き続き、皆さんの考えを
語り聞かせてくださいね。
私はこう考える! という語りは、こちらの記事の
コメントにお書きください。

幸せに生きるとなどういうことか?


引き続き、皆さんのご参加、お待ちしています!
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20131014
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
確かに、自分の名前を言ってる途中で「みずほ銀行?」って聞いてくるし。
876 [sage] 2013/10/08(火) 09:57:19.64 ID:0UDMphCA0
 Googleは頭がいいけど他人の話は最後まで聞かないタイプ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup