仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 8 view

使命を果たすために転職は必要か?

こんにちは! 水野です。
本編の前にお知らせを。
いつもお知らせしております、
【本当の使命と出会うための自己改革ワークショップ】
ですが、11月13日の残席があと4席になりました。
また、新たに11月29日の開催が決まりました。
詳細とお申し込みはこちらをご覧下さい。
http://m-stn.com/seminar/realmission/
さて本題であります。
上のワークショップでも使われている使命という言葉。
このメルマガの読者の方の多くは、きっと、
 「自分の使命とはなんだろうか?」
という興味を持っていると思います。


また、セミナーなどでも、この使命というものについて
質問をされて、色々お話しすることもあります。
その中には、自分の使命はこうなのではないか、
という答えを持っている人たちもいらっしゃいます。
が、そういう方たちの中で、結構な数の人が、
「今の仕事が、自分の使命を果たすことになるのか疑問です」
ということを言われるんですよね。
今の自分の仕事では、使命を果たすことは出来ない。
だから、自分の使命を果たすためには、転職や独立を
しなければいけないのではないか。
こう考えられる方が、結構いらっしゃるようなのです。
しかし、私は、その考え方は違うと思うんですよね。
なぜなら、使命とは、仕事にリンクするものではなく、
その人の生き方そのものにリンクするものだから。
その生き方を、今やっている仕事で体現していくことが、
使命を果たすことになるんですよね。
例えば、イチローの使命は、プロ野球の選手でいる
事では無いと思うんです。
おそらく、彼が天から与えられた使命は、
 ★ 高い基準に向かって、自分を磨き続けていく姿を人々に見せること
なんだろうと思うんですよね。
それが、彼の場合、たまたま野球を通じて行っているだけであり、
他の仕事に就いていたとしても、きっと同じような生き方を
していくんじゃないかと思うんですよね。
私も、今の自分の使命は、関わる人の意識に、変化を起こす
お手伝いをする、ということだと理解しています。
たまたま今は、講師業というものをやっているので、この使命と
マッチしているようにも見えますが、別にこの仕事でなくても、
「自分は、関わる人の意識に変化を起こすことが使命なのだ」
という自覚を持って生きていけば、多分どんな仕事をしていても、
その使命を果たしていこうとするし、その使命を果たしていける
のではないかと思っているんですよね。
確かに、職種によって、使命の果たしやすさに多少の差はあるかも
しれませんが、職種そのものが、使命が果たせるかどうかの本質的な
問題となることはありません。
逆に言えば、今ここで、できる限り使命を果たしていくことに
きちんと取り組んでいる人が、さらに使命を果たすのに効果的な
場というものを与えられるんですよね。
だから、もしあなたが、使命を感じ、その使命が、今の職場で
果たすことが出来ない、と思っているのであれば、その使命は、
多分理解の仕方が浅いのでしょう。
使命とは、そんなうわべのこなどではなく、もっともっと、
本質的で深いものなんですよね。
だからこそ、そういう使命を掴むことが出来たら、どんな環境、
どんな職場でも、心折れずに、前向きに働けるようになるし、
その結果、もっといい環境、もっといい職場に移ることも
出来るようになるんですよね。
ということで、使命を理由に現実逃避をせず、使命を胸に、
しっかりと現実と向かい合っていきましょう。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20141020
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス移行のお知らせ
2014年9月8日より、株式会社マイルストーンの
水野浩志として、個人セッションをお受けすることは
終了しました。
今後は、私のもうひとつの活動で行っていきます。
ただし、精神世界に対して、拒否反応やアレルギーがある方は、
お勧めいたしません。
そうでない方に取っては、非常に価値あるサービスであると
自負しておりますので、もしご興味ある方は、こちらのサイトを
ご覧下さい。
http://soulmission.jp/
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. 科学的人材育成法 観察編

  2. どんな人でも育てられるようになる、重要な考え方

  3. ネガティブなことをを感じたときの正しい対処法4ステップ

  4. 間違った部下の信じ方

  5. リーダーは「頑張る」を過剰評価しない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31