仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 15 view

心に境界線を持つ人はしんどくなる

こんにちは! 水野です。
本編の前にお知らせを。
いつもお知らせしております、
【本当の使命と出会うための自己改革ワークショップ】
の参加者を募集中です。
このワークショップを受講して下さった方から頂いた
感想をご覧下さい。
詳細とお申し込みはこちらをご覧下さい。
http://m-stn.com/seminar/realmission/
 11月13日 残席3席
 11月29日 残席10席
さて本題であります
上でも紹介しておりますワークショップですが、
この中で、メインテーマとして扱っているのが、
 ■ 自分が大事にしている価値観は何か?
ということなんですよね。


自分が大事にしている価値観を選んでもらう、
ということをやるんですが、その時に、
 「正義」「正しさ」「真実」
といった価値観を選ぶ方がいます。
まあ、それはそれで、全然問題は無いのですが、
その価値観を選んだ理由を聞いたときに、返ってくる
答えのなかに、
 「そうであらねばならない!」
というニュアンスが含まれている方が結構いらっしゃいます。
で、そう考えている方たちの中には、かなり人間関係に
ストレスを抱えている人が少なくないようなんですよね。
また、ご本人には自覚がないようですが、その人の
周りの人たちが、ストレスを抱えてしまっている、
というケースも良くあるようです。
そうなってしまう理由は、一言でいってしまえば、
 ■ 自分の心に境界線を引いてしまっているから
なんですよね。
「正義」「正しさ」という価値観が重要である、
という人は、
 「自分が正義だ! 自分が正しい!」
ということに、強いこだわりを持ってしまっている。
ということは、自分とは意見の違う人が現れると、その人は、
 ■ 悪人であり、間違っていてる人
という認識をしてしまうんですよね。
で、そうなってしまうと、その人に対して、苛立ちの気持ちを持って
接してしまい、攻撃的な言動を取ってしまったり、必要以上に拒絶する
スタンスを取ってしまいます。
そこまで行かなくとも、少なくとも心の中では、自分が引いた
境界線の向こう側に押しやってしまって、否定的なスタンスで
接してしまうようになります。
こうなってしまうと、その人との関係にストレスが生まれて
しまうのは、当然でしょう。
私自身も、以前は、たくさんの境界線を引きながら、正誤・善悪で
人を裁いていた時期があります。
その時の人間関係のストレスは半端なかったですねぇ。
まあ、どちらかというと、私のストレスより、理不尽に裁かれた
側の人のストレスが大変だったと思います。
今思い返してみても、反省ですね……
……で、こういった価値観に固執して境界線を引いている人も、
そんなにストレスフルな生き方をしたいか? というと、きっと
そんなことは無いと思うんです。
にもかかわらず、なぜ、このような境界線を作って人に苛立つ
価値観を握りしめてしまうのか。
私思うに、それは、
 ■ その価値観を手放すと、自分が悪や間違いに
   染まってしまうのではないか、という恐怖
があるからなのだと思うんです。
私自身も、今振り返って、境界線を引きまくって生きていた
時のことを思い起こすと、自分が否定する生き方の人を
認めてしまうと、自分がその人の考えに侵されてしまう
のではないか、という恐怖感が、確かにあったように思います。
まあ、その気持ちはわからないでもありませんよね。
でも、恐ろしいことに、その時の自分を振り返ってみると、
その境界線を意識して、その向こう側にいる人を否定する
事にばかり気持ちが向いてしまっていて、
 ■ 自分が正しく、間違いの無いように生きる努力を怠っていた
んですよ!!
こりゃあまずいですよね。 自分の事は棚に上げて、
人のことばかり責めていたわけですから。
本当にお恥ずかしい話なんですが、心に境界線を引いて
生きてしまうと、その境界線を守ろうとするあまり、
自分の足元がおろそかになって、境界線の向こう側に
いる人の動向ばかりに意識が向いてしまうようなんです。
そして、それは私だけではなく、この価値観にべき論で
こだわる人の多くが、そうなってしまっているんですよね。
ということで、もしあなたが、正義や正しさと行った価値観を
「べき論」出握りしめ、心にたくさんの境界線を引きながら、
他人を否定的に見て苦しんでいるとしたら……
思い切って、その価値観を手放してみて下さい。
なーに、手放したって大丈夫。
あなたの正義やあなたの正しさは、あなたから離れてしまう
事もありませんし、悪や間違いを持つ人たちに侵されて、
自分がかわってしまうこともありはしませんから。
で、
「そんなこと言っても手放せない!」
という人は、是非こちらのワークショップに来て下さいね。
http://m-stn.com/seminar/realmission/
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20141021
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス移行のお知らせ
2014年9月8日より、株式会社マイルストーンの
水野浩志として、個人セッションをお受けすることは
終了しました。
今後は、私のもうひとつの活動で行っていきます。
ただし、精神世界に対して、拒否反応やアレルギーがある方は、
お勧めいたしません。
そうでない方に取っては、非常に価値あるサービスであると
自負しておりますので、もしご興味ある方は、こちらのサイトを
ご覧下さい。
http://soulmission.jp/
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031