仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 27 view

部下に危機意識を持たせようとしてはいけない

どうもです! 水野です。
本日、打合せに伺った企業様で、お話しした事を
書こうとしたんですが、過去のメルマガに同じ事を
書いていたので、せっかくなので、そちらをご紹介します。
昔読んだことのある方も、人の上に立つ立場であれば、
是非もう一度読んでおいて下さいね。


ということで、以下ご覧下さい。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
部下の育成というテーマで、研修の現場でよく話題に
出てくる話のひとつに、
 ■ 部下に危機意識を持たせたい!
というものがあります。
市場の変化が激しい昨今、いつまでも意識ややり方を変えずに
昨日と同じやり方を粛々と続けていたら、あっという間に他社に
追い抜かれたり、差をつけられてしまいます。
そういった状況であるがゆえに、組織の上に立つ人たちが、
部下に対して
「危機意識を持って働いて欲しい!」
というメッセージを伝えたいというのも、心情的には、
分からないでもありません。
しかし、実はこの「危機意識を持たせる」という事が、
部下の成長と、正しい成果を上げるために効果があるか、
と言うと、かなり怪しいでしょう。
というよりも、多くの場合、むしろ逆効果になって
しまいかねません。
それはなぜでしょうか?
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
次回の自身力養成講座は、9月26日 18:15~21:15に
中野で行います。(参加費5千円)
テーマは「第5回 自分の頭で考えない問題解決法」
お申し込みはこちらへ
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20150926/f20150926/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
そもそも、危機意識とはなんでしょうか。
ストレートに考えてしまえば、
 ■ 自分の身が危険である、と認識すること
となりますよね。
そうなると、人間とはいったいどういった行動を取るか。
高い理念を持って生きている人でもない限り、
 ■ 己かわいさのために自己保身を計る
ようになります。
つまり、働くエネルギーの源と焦点が
「自分を守り、自分が生き抜く」という
ところに行ってしまうんですよね。
しかし、適切な企業運営はどうあるべきか、というと、
 ★ 社会に貢献し、社会に価値を提供する
事であります。
なので、もしあなたの部下が、高い意識を持ち、
 「この危機的状況を生き抜くには、さらに高い価値を創造し、
  もっと社会に貢献しなければ!」
と考えてくれるのであればいいのですが、
さほど意識が高くない部下の場合は、
まずこう考えることはないでしょう。
その人にとっては、社会貢献と自己保身の考え方とは、
相容れるものではありませんからね。
だから、ヘタをすると、いかに目の前の売上や利益を
かすめ取るか、相手をダマしても、売上を上げるか。
はたまた、「この会社や業界は危ないかも」と思って
密かに転職活動をはじめてしまう、といったような、
こちらが想定していた行動とは違う、ねじれた努力を
し始めかねないのです。
さらに言うなら、「危機意識を持って働け!」という
メッセージは、部下からすると、
 ■ 「こいつらは本当にダメなヤツだな」と思いながら、
   期待通りに働かない部下をコントロールしようとする
という下心があるメッセージである、ということが、伝わって
しまうんですよね。
だから、そういったメッセージを発するほどに、
上司と部下の心の溝は広がってしまいます。
そして、そんな状態で、本当に危機的な状況に陥って
しまえば、その組織は、空中分解してしまうでしょう。
だからこそ、変に危機意識を煽るようなコミュニケーションに
エネルギーと時間を割くのではなく、
 ★ 自分たちはどんな社会を創造しようとしているのか?
 ★ 自分たちは社会に対してどのように貢献するのか?
 ★ そのために、自分たちは各自どんな役割を果たせば良いのか?
ということを、部下たちときちんと話し合っておく方が、
よっぽど有意義でしょう。
そうやって、考えのベクトルをあわせ、各自の役割をきちんと
自覚し、果たして行きながら仕事に取り組んでいけば、本当に
危機的な状況に陥ったとしても、今まで培っていた組織の
結束力で、その危機を乗り越えられることでしょう。
短気を起こして、追い立てながら急いで変えようとするより、
一番王道のコミュニケーションプロセスを通っていった方が、
結果的には確実に変化すると思いますよ。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20150909
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
頑張れ! 負けるな! 来世があるさ!
327:彼氏いない歴774年@\(^o^)/
:2015/08/31(月) 23:34:40.68 ID:p9B+wvlM.net
 歯間のことを股間股間って言っていたこと
 職場でお昼を食べている時に職場の人となにげなく会話をしていて、
 「私、最近股間ブラシをやっているんですよー」って言っていた…
 もちろん相手は「えっ…?股間…」っていう反応なんだけど、
 間違えていることに気づいていない私は
 「そう、股間ブラシですー」って呑気に言っていた
 それでも不審な顔をしている相手を見て、
 「食べた後に股間ブラシでこすると気持ちいいですよ」
 なんて言ってしまっていた
 間違えに気づいてかなり死にたくなった
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup