仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 35 view

かみさんとの絶望的な関係を改善した3年間を、どんな気持ちで過ごしたか?

どうもです! 水野です。
本編の前にお知らせを。
次回の自身力養成講座は、12月23日に開催します。
年の瀬にふさわしく、2016年をやり甲斐のある年に
して頂きたい、ということで、
新しいテーマは、「天職を見つける」としました。
簡単な詳細とお申し込みはこちら
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20151223/
ということで、本編を。
昨日のメルマガで、十数年前のかみさんとの関係について
お話しました。


【かみさんとの絶望的な関係を改善した、私の体験談】

かみさんとの絶望的な関係を改善した、私の体験談


かいつまんで言いますと、
 ・2000年にかみさんにはなんの相談も無しに独立した挙げ句、
 ・2002年に事業を潰し借金まみれになり、
 ・そうでなくても険悪だった夫婦関係が絶望的に悪化し、
 ・信頼を完全に失ってしまってから、
 ・3年かかって、色々なことをして、関係修復が出来た
ということについてお話をしました。
こういった体験談は、結構評判が良いようで、結構な反響が
ありました。
中には、ご自身も夫婦仲が悪く、それを改善する参考に
昨日のメルマガを読んだ、という方も、何人かいらした
ようです。
そういう方に取って、参考になれば嬉しいのですが、
実は、昨日書いたメルマガには、夫婦関係改善の
本質的な理由は書いていなかったんですよね。
というよりも、実は昨日のメルマガで、私は嘘を
ついていたんです。
いや、嘘と言うよりも、本当の本音を書かなかった、
ということの方が正しいかも知れません。
その嘘とは、または、昨日書かなかった本音とは
いったい何かと言いますと……
 
 
●━━━●
次回の自身力養成講座は、12月23日に開催します。
テーマは、「天職を見つける」としました。
簡単な詳細とお申し込みはこちら
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20151223/
●━━━●
昨日のメルマガでは、私はかみさんの信頼を回復するべく、
色々な努力をした、といったように書きました。
しかし、昨日書かなかった本音を言いますと、実は、
 「ここまで信頼を失墜したら、もう信頼回復なんて無理だよな」
と思っていたんですね。
そう、かみさんとの関係修復なんて、実は、端っから
諦めていたんです。
つまり、色々な努力をした目的は、
 ■ かみさんの信頼を回復させるためにやったわけではない
んですよね。
で、実は、これが良かったんですよ。
もし私が、かみさんの信頼を回復させようと努力をしていたら、
その努力は、多分3年は持たなかったと思います。
短気でせっかちの私のことですから、こんな気持ちでいたら、
「いつ信頼してくれるんだろう、今日かな、明日かな」
と、毎日毎日、かみさんの変化を期待しつつけるでしょうし、
1ヶ月くらい経った頃には、
「こっちが込んだけ努力してるんだから、いい加減信頼してくれよ」
なんてことを思い始めるでしょうし、3月も経てば、
「こんなにこっちは努力しているのに、信頼してくれないなんて、
 あいつは血も涙もない冷血女だ!」
と、逆に相手に対してキレ始めたことでしょうね。
そういう人間なんですよ、私という人間は(恥)。
でも、幸いなことに、2002年に、夫婦関係が最悪になったとき、
私は、もうかみさんから信頼を得ることは不可能だと思いました。
だって、それだけのことをしてしまっているんですから。
だから、
「もう一度自分を信頼してくれ!」
なんて図々しいことなど絶対に言うつもりもありませんでしたし、
そもそも、そんなこと思いもしなかったんです。
もう、その時は、ただただひたすらに、
「これからは、仕事に、人に、誠実に取り組む生き方をする」
ということを、生きる目的としていこうと決めたんです。
つまり、かみさんからの信頼回復、というものが目的では
なかったんです。なにせ諦めてましたから。
でも、信頼回復を諦めてはいましたが、人に誠実に取り組む
のであれば、かみさんの言うことはしっかり受け止めようと
しますし、自分がどんなことをしているか、ということも、
相手が受け取ってくれる範囲で、誠実に伝えて行く。
それによって、かみさんの態度が変わることなど期待せず、
ただただ、粛々と、仕事に、人に、誠実に取り組むという
生き方を、精一杯続けただけなんです。
そしたら、半年経ったら、なぜかかみさんの態度がちょっぴり
変わり、3年後には、あれだけ否定的だった仕事を、素晴らしいと
認めてくれるように、結果的になっただけなんですよね。
だから、その時の私の正直な感想は、
「え?!
 絶対信頼回復は無理だと思ってたけど?!
 え?! い、いったい何が起きたの?!?!」
っていう、なんか狐につままれたような感じ
だったんですよね。
決して、
「よっしゃー!! やったぜー!!!」
って感じじゃ、全くなかったんです。
まあでも、そのあとで、じわじわと嬉しくはなって
来ますが、それでも思ったのは、
「一生信頼回復は無理だと思ってたけど、たった3年で
 良くかみさんが変わってくれたぁ。ありがたいなぁ」
という気持だったんですよね。
で、信頼が回復したあとも、別に自分の生き方は
もちろん変わりませんでした。
なぜなら、かみさんとの関係修復が目的で生き方を
変えたわけではないのだから、別に目的達成、って
訳でもなかったですからね。
相も変わらず、粛々と、仕事に人に、誠実に取り組む、
ということを心掛けて生きていったわけです。
さて、個々で私が、夫婦関係に悩んでいる皆さんに
なにが言いたいかと言いますと、
 ★ 悪化した夫婦関係を何とかしようと思って
   その部分ばかりにフォーカスして努力するより、
   人間として素晴らしい生き方とは何かを定め、
   その生き方を探究した方が、結果的に夫婦仲も
   良くなりますよ。
ということなんですよね。
夫婦愛和・家庭円満という状態になるような夫としての、
妻としての生き方とはどんなものなのか。
これを自分で定めたあとは、相手が自分をどう思っているか
ということに、一喜一憂せず、粛々と、夫として、妻として
決めた生き方に取り組み続けて行けばいいんです。
そうすれば、結果的に、お互いの信頼関係も回復するし、
夫婦関係も必然的に修復されることと思います。
大変そうに見えるけれど、一番本質的な解決方法であり、
変に期待してストレス溜めるよりも、よっぽど健全な
解決方法ですよ。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20151209
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
名コンビだね(笑)
14 毒霧(WiMAX) 2013/12/07(土) 21:14:06.03 ID:Nb91OoXn0
 ドンドンドン
 姉 「姉ちゃんだよ」
 妹 「本当に私の姉ちゃんか?」
 姉 「本当に本物の姉ちゃんだよ」
 妹 「本当の姉ちゃんなら次の質問に答えろ」
 姉 「いいよ」
 妹 「千円札は伊藤博文、五千円札は新渡戸稲造、なら一万円札は?」
 姉 「欲しい!」
 妹 「本当に私の姉ちゃんだ!」
 ガラガラガラ 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup