仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 21 view

問題解決に取り組む前に自分に問うこととは?

どうもです! 水野です。
本編の前にお知らせを
3月13日に自身力養成講座の第10回、
    【自分の捨て方活かし方】
  ~ お蝶夫人の生き様に学べ! ~
を開催します。
人生の転機を迎えているにもかかわらず、その転機に
乗れず、自分を変えることが出来ない人や、立場や
役職が変わったのに、上手く気持ちや考えが切り替え
られない人、ぜひ来て下さい。
お蝶夫人の生き様に触れることで、きっと新しい
自分の生き方を見出すことが出来るでしょう!
ということで、詳細とお申し込みはこちらをご覧下さい
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160313/
定員20席 残席17席です!
さて、本題を。
前回のメルマガで、ひとつの動画をご紹介しながら、
問題解決の方法について考えました。
【真の問題解決を行うための重要な考え方】

真の問題解決を行うための重要な考え方


本日は、もうひとつ、前回のメルマガとは全く
違った角度で、問題解決をしていくための
考え方についてお話したいと思います。


ただ、これは、多くの人が素直に受け止められない
考え方かもしれません。
でも、問題の本質を理解する上において、非常に
大切な考え方だと、私は思っています。
その考え方とは何か。
もしあなたが、問題に直面したときに、一度、
 ★ もし、自分が問題だと思っていることが、
   問題ではなかったとしたら、なぜ自分は
   そのことを問題だと思うのだろうか?
と考えてみましょう、というもの。
そもそも、なぜ問題が生まれるのか。
過去のメルマガにも何度か書きましたが、
起きている出来事そのものには、良いも悪いも
ありません。
ただの出来事でしかないのです。
その出来事に意味づけをするのは、その出来事を
前にした人たちそれぞれの考えなんですよね。
だから、ある人にとって問題だと思っていたとしても、
別の人にとっては、たいした問題ではない、と思う
事も多々あるのです。
だから、問題を解決する前には、一度自分の囚われ
から離れて、自己客観視をするためにも、
 「自分が問題だと思っていることは、問題ではない」
というスタンスに立った上で、
 「なのに、なぜ自分はこれを問題としているのだろうか?」
と考えることで、自分が持っている囚われや思い込み、
または、考え方の前提条件があぶり出されてくるんですよね。
そうやって、自分自身を自己客観視できたときに、
初めて、本当の意味での問題解決が出来るように
なるのです。
逆に言えば、自己客観視が出来ないうちは、いつまで経っても
問題が自分の目の前に現れ続けてしまうんですよね。
そんな、果てしのないモグラ叩きが続くような問題解決を
続けていても、身も心も疲れ果てていくだけです。
問題解決をする時には、自己客観視を忘れないで下さいね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160307
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
12月24日~12月31日まで、前教材半額セール実施中!
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
すごい逸話だなぁ……
748 公共放送名無しさん sage
  2016/02/24(水) 22:37:29.43 gFFeQZCX
 226事件に一兵士として参加していた柳家小さんが
 園遊会に呼ばれた時、
 なんとなく居心地が悪くてそわそわしていた。
 陛下が「どうしたの?」と尋ねると柳家小さんが
 「大きい声で言えませんが実は私2月の雪の日に
  あの場にいたもので。」と答えると。
 陛下は「あ、そう」と仰った後、柳家小さんにそっと耳打ちし
 「大きい声で言えませんが実は私もです。」と。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup