仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 18 view

一番強い人は素直な人

どうもです! 水野です。
昨日、私がずっとやりたいなあ、と思っていた、
漫画ネタのセミナーを開催しました。


今回は、「エースをねらえ!」のお蝶夫人を
テーマにした、自分を成長させるためには
どうしたらいいか、というお話。
この漫画には、見所、語りどころがたくさんあるのですが、
今回は、あえてお蝶夫人の成長一点に絞り込んで、その他の
素Aらしいエピソードはあえてバッサリカットしての登壇。
3時間にわたって、思いの丈を込めて、時に笑い、そして、
時に涙ぐみながら、精一杯お話しさせて頂きました。
参加者の方は、しっかりと原作を読み込んでいる人は
ふたりだけで、後はテレビアニメをチラッと見ているくらい
という人たちがほとんどでした。
が、皆さん、結構しっかりと付いてきてくれていましたし、
うるっと来たりしていた人もいたようです。
ということで、話ながら、色々と感じたことも、その場で
お話したんですが、その中のひとつの話を、皆さんと
共有したいと思います。
「エースをねらえ!」の原作は読んでいないが、
テレビアニメはちょっと見たことがある、という人は、
 お蝶夫人=イヤな人
と思っている方も多いんじゃないかと思います。
確かに、原作の方でも、序盤のお蝶夫人は、主人公である
岡ひろみに、理不尽な接し方をするシーンもたくさん
見受けられます。
しかし、それにも訳がありました。
日本庭球協会理事の娘であり、超高校級テニスプレイヤー
としての評価を得ていた彼女は、重責を背負いながら、
日本のテニスを、自分ひとりで背負っていこうとして
いたんですよね。
なので、序盤のお蝶夫人は、ステキで美しくありながらも、
孤独で、陰のある人物でもあったのです。
しかし、物語がすすむにつれ、お蝶夫人は、劇的な人間的
成長を遂げていきます。
なぜ、そうなったのか。
それは、自分の後輩である岡ひろみが、まっすぐ素直に、
テニスとひたすら向かい合う姿に触れ続けたからなのです。
その姿を見ているうちに、丘に対しての気持ちが変わっていき、
それと共に、自らの生き方すら、大きく変わっていったんですよね。
そのあたりの詳しい変遷については、また今度、同じテーマで
セミナーを行いますので、そちらに機会を譲りましょう。
さて、この2人の変化から、私たちはいったい何を学べば
いいのでしょうか。
私はここに、ひねくれた人間に対してどう接していけばいいか、
という大きなヒントがあると思います。
世の中には素直では無い人がたくさんいます。
勝手にひねくれ、勝手に拗ねて、人の優しさや思いを
受け止めない人たち。
そういう人たちに対して、どう対峙していけばいいか。
以前の私は、自分自身もひねくれていた、という事もあり、
そういうタイプの人には、力でやり込めようとしてばかり
いました。
相手のミスや矛盾を突き、論破しようとしたり、立場や
権力がある場合は、その力を借りて、ごり押しをして
無理矢理納得させたり、といった感じに。
逆に、私自身も素直ではなかったため、人から色々と
言われることもありますが、そういう場合も、力技で
来られたり、説得されたりするたびに、激しく抵抗し、
反撃を繰り返していました。
なので、以前の私は、人間関係は力関係であり、素直さより
相手を論破できるだけの実力が必要だと思っていました。
しかし、ひょんなきっかけで、講師という立場になり、
人を変え、人を育てる、という役割を与えられるように
なってからは、この
 ■ 力技で他人をどうにかする
ということの限界を感じてきたんですよね。
確かに、力技で接すれば、うわべの言動は変わるかも知れない。
でも、腹の底から納得して、自発的に自分を変えるような
状況には、なかなか持ってはいけません。
なので、色々と試行錯誤をしていったのですが、最終的に
たどり着いた答えは、
 ★ 目の前にいる人たちに対して、素直な気持ちで接する
ということだったんですよね。
そうやって接していくと、面白いことに、以前は力技では
どうにもならなかったような、素直では無い人たちも、
私に対しては、それなりに素直な気持ちで接してくれる
確率が跳ね上がりました。
何度もそういう経験をしているうちに、
 ★ 素直に接することほど、人に大きな影響を与えるものはない
とまで、思うようにもなって来たのです。
だから、もしあなたが、人に影響を与える立場にいるならば、
実力や権限などを使って、素直では無い人たちを無理に
コントロールしようとするのは、やめましょう。
それよりも、あなた自身が、まっすぐ、素直な気持ちで生き、
その中で、関わる人たちに対しても、まっすぐ素直な気持ちで、
向き合っていき続けましょう。
そうすれば、相手も必ず素直にあなたと向かい合うようになり、
心を開き、考え方や行動を変えていってくれることでしょう。
ということで、そんな素直さに振れたお蝶夫人が、どんな成長を
遂げていくのか、その軌跡に振れながら、自分自身を成長させる
ヒントを掴むセミナー、次回は4月29日にの13:30から
開催しますので、興味ある人は是非いらしてくださいね。
募集開始は明日以降の予定です!
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160314
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
12月24日~12月31日まで、前教材半額セール実施中!
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
久々に腹抱えて笑ったなりよ。
81 名無しさん@引く手あまた[sage]   2016/02/01(月) 21:26:00.85 ID:N/LCe9H70
 電話対応テンパリすぎて
 「恐れ入り申すが」
 とか
 「承知いたしまする」
 とか崩壊した敬語を連発しまくってたら
 今日ついにお客様から
 「あの武士の子いる?」
 って電話かかってきたでござる切腹したい。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup