仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 99 view

まとまらないチームのまとめ方

どうもです! 水野です。
今日のメルマガは、昨日のメルマガの続きですので、未読の方は、
まず先にこちらをお読み下さいね。
【チームをまとめようとしてまとまらない人がやっていること】

チームをまとめようとしてまとまらない人がやっていること


さて、では、チームをまとめたいという人は、
 ひとつの方向に向かわせるのでもなく
 ひとつの価値観を共有するのでもなく
いったい何をしたら良いか。
ものすごくシンプルに行ってしまえば、
 ★ 身近な人を助け合う、という気持をみんなで持つ
 
という事だと、私は思うんですよね。
ただそれだけで、組織はひとつにまとまり、そして、
リーダーが目指す方向に進んでいくことが出来るように
なるんです。
理由は簡単です。
なぜなら、リーダーはひとつの方向を持ち、具体的な
成果を得るつもりで活動しているわけです。
で、上のような組織になれば、そんなリーダーの身近にいる
人たちが、身近にいるリーダーを助けていこうとする訳です。
さらに、リーダーの身近にいる人の、そのまた身近にいる
人たちだって、リーダーを助けようとしている人たちを
さらに助けていこうとしますよね。
そうやって、互いを助け合いながら、最終的にリーダーを
助けていくことになれば、組織はまとまっていきますし、
リーダーが目指す方向に進んでいくのは当たり前ですよね。
うまく行っているチームをみていると、だいたい、
こうやって、お互いがお互いを助け合う、という
姿勢があり、それによって、うまく組織が回って
行ってるようです。
では、どうしたら、メンバー同士が助け合い、さらに、
リーダーである自分をも助けてくれるようになるか。
これもまあ、シンプルな答えなんですけれども、
 ★ リーダー自身が、メンバーを気遣い、助けてあげる
ってことをすれば、周りのメンバーも、自然とリーダーを
助けてくれるようになるでしょうね。
きちんとメンバーの話を聞き、助けてあげられるところは
助けてあげ、支えてあげられるところは支えてあげる。
 
甘やかすのか? と思う方もいるでしょうが、そうではなく、
 ★ 真摯にメンバーと向き合い、深く理解する姿勢を見せる
という事をリーダーが行動で示すことから始めよう、
といいたいんですよ。
そうしないと、メンバーがリーダー含めてお互いを助け合おう
という気持になどなっていきませんから。
なんてことを言うと、
「そんなことをしている時間も暇も無い!」
という人もいるでしょうが、長い目で見たら、
絶対にリーダーとして、良い結果も出せるように
なるし、身も心も楽になるんじゃないかと思いますよ。
それがいやなら、チームをひとつにまとめようなどと言わず、
リーダーという立場と権限でメンバーを支配し、命令と強制で
動かしながら、結果を出していく方を選んだ方が、メンバーは
ともかく、少なくとも、あなたは心安らかになると思いますので
そうした方がいいかと思います。
メンバーたちも、その方がいっそ割り切って働けますし。
それに、助け合いのチームを作ろうとして、
中途半端に解ってくれるようなことを良いながら、
結局何にもしなかった、といったことになると、
裏切られたと感じ、なおさらいうことを聞いて
くれなくなってしまうでしょうからね。
その代わり、自立だ、自律だ、責任意識だ、などと
言うことは一切求めてはいけませんね。
結果責任は全て自分1人で背負い、メンバーたちは
コマに徹してもらう。
尊敬も敬意も持たれないかもしれませんが、
思い通りの仕事は出来ますから、こちらを
選ぶのも、ありだと思いますよ。
という事で、どちらに行くかはお任せしますが、
選んだ以上、覚悟を決めて取り組んで行って下さいませ。
P.S.
もうひとつ、チームをひとつにまとめるとっておきの方法が
あります。それは何かというと、
 ★ リーダーが、仕事を投げ捨てて何もしなくなる
という方法。
メンバーたちが自分たちでなんとかしなくちゃいけなくなりますから、
うまく行ったら、チームがまとまりますよ。
まあ、冗談のように聞こえるでしょうが、実は、リーダーが
このマインドセットを持つ事が出来たとき、本当の意味で
チームがひとつになる一歩を踏み出していくんですけどね。
でも、これは、分かる人しか分からないし、分からない人には
いくら説明しても解ってくれないことなので、詳しい説明は
割愛して、書きっぱなしで放りだしておきます(笑)
  
★☆イベントのお知らせ★☆
  
9月10日
 水野浩志と語り合う前者後者勉強会
 http://m-stn.com/seminar/bf/
 ※定員15名 残席5席 募集締切は、10日午前9時まで!
 
9月22日
 前者後者番外編
 自分と他人を理解するユング的タイプ論ワークショップ
 http://m-stn.com/seminar/bf/mbti/
 ※ 定員15名 残席6席!
9月24日 
 【第17回】自身力養成講座
  ~言いたいことをきちんと言える人になる方法~
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160924/
 ※ 定員20名 募集開始!
 
10月1日
 【第2回】性格改善トレーニング 
 http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
 ※ 定員6名 残席1名! 
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160907
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
いかつい顔して腰低い人たち(笑)
429 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[sage]  投稿日:2016/08/31(水) 22:30:35.25 ID:EF3xiUy1.net
 刑事ドラマとかで捜査令状ってあるけどあれを捜査礼状だと思ってた
 「捜査をさせてくれてありがとうございます」
 って礼状を出すことで相手が捜査を許可したという
 既成事実を作り出すものだと思ってた
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup