仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 26 view

「難しい」に騙されるな! その2

こんにちは! 水野です。
毎月開催しています、自身力養成講座ですが、
1月の講座は以下の通りです。
第33回 本当に役に立つ目標の立て方2018
~やる気が生まれ1年が充実する目標作りの秘訣~
時間は、14:00~17:00(延長の可能性有り)、場所は、
東京都池袋駅周辺(お申込者には別途お知らせします)です。
詳細及びお申込はこちらからお願いします。

第033回 本当に役に立つ目標の立て方2018


※定員20名 残席10名!
さて、本題へ。
昨日のメルマガで、難しい、という人の本音のひとつについて
考えてみました。
【「難しい」に騙されるな!】

「難しい」に騙されるな!


今日は、難しい、のこと場に隠れているもうひとつの
本音についてお話しましょう。
 
今回のケースは、リーダーが、メンバーの能力的な成長を
期待しながら仕事をリクエストするときによく聞かれる
「難しい」です。
その「難しい」の本音とは、ずばり、
 ★ 失敗することに対しての恐れの感情
であります。
自分がやってみて、もし上手く行かなかったらどうしよう、
もし失敗してしまったらどうしよう、という恐れの気持ち。
でも、それを直接口にするのははばかられるため、
「難しい」という言葉を使ってしまう。
失敗する可能性があることをやらずに済まそうとするために、
出来ない理由、困難な理由をあれこれ考えて、自分と周りを
必死に説得していくわけです。
もし自分が育てているメンバーが、こういう意味の「難しい」を
使って、あなたのリクエストを断ってきたとしたら、リーダーと
して、あなたがやることはふたつです。
ひとつは、
 ★ メンバーの失敗をリーダーであるあなたが受け入れる覚悟すること
 
です。
リーダーのあなたが、メンバーの失敗を不安に思っていれば、
当然のことながら、それはメンバーにも伝わります。
そうなれば、失敗したくない、という気持に加えて、もし失敗したら
リーダーから何を言われるか分からない、また、リーダーに、とんでもない
迷惑をかけてしまうかもしれない、という、さらなるブレーキが生まれ、
ますます腰が引けてしまうでしょう。
もちろん、仕事でありますから、無尽蔵に失敗を許すわけには
行かないでしょう。だから、失敗した時の対策を考えておくことは
当然ながら必要です。
しかし、その対策を考える前に、まず、
 
「リーダーである自分は、メンバーの失敗を受け入れるのだ」
と覚悟し、そのマインドセットをしっかりと整えてから、
しかるべき対処をきちんと考えておきましょう。
そして、このマインドセットをしっかりとした上で、
次にやることは、
 ★ メンバーの背中を、グッと押してやること
です。
メンバーが、失敗の恐れを持って行動しないときに、
いくら言葉で、大丈夫だからと説得をしようとしても、
なかなか一歩を踏み出してはくれません。
最後には、リーダーであるあなたが、
「失敗を恐れず、やってみろ!」
といって、グッと背中を押してやることで、初めて
動き出すものなんですよね。
その時にあなたが、部下の失敗を受け入れる覚悟を決めて
おかないと、本気で背中を押してやることが出来ません。
背中を押す側の腰が引けていたら、相手だって一歩前に
踏み出していくことなんかありませんから。
だからこそ、まずは部下の失敗を受け入れる覚悟を決めた上で、
メンバーの背中をぐいっと押してやりましょう。
ということで、「難しい」という言葉の裏にあるふたつの本音。
きちんと見抜いた上で、その言葉にお互い振り回されず、
その奥にある本音と向かい合って行きましょうね。
■□■□■□■□■□ 今日のひと言 ■□■□■□■□■□
難しいという言葉は 失敗の恐怖からも 生まれる

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20180126
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
●毎月開催されている自身力養成講座の詳細とご案内はこちらへ

自身力養成講座〜自らの人生を切り拓く力を身に付けよう〜


● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
まさかのオチ! これは想定不能(笑)
85 :恋人は名無しさん :2006/09/19(火) 23:02:18
先週私がカレーを食べたいといってたことを
覚えていてくれたこと。
今日、具合悪かったのに、遠出してカレーやさんに
連れていってくれたこと。
ありがとう。
86 :恋人は名無しさん :2006/09/19(火) 23:58:28
>> 85
それは微笑ましいけど、
あなたの調子が悪いにも関わらず、遠出してまでカレー屋さんに
連れて行くのはちょっと・・・
余計なお世話様で恐縮ですが、カレー屋さんは元気になってからも
行けるんだから、
消化に良いお粥屋さんにすればよかったのに と思ってしまいます。
87 :恋人は名無しさん :2006/09/20(水) 00:02:08
>> 86
彼氏の具合が悪かったんでは・・・?
88 :恋人は名無しさん :2006/09/20(水) 00:04:56
>> 86
釣りじゃないと思うからマジレスするね。
多分>> 85は、>> 85の彼氏が体調悪くて、
それなのに遠くのカレー屋さんまで連れてってくれたことに
対して愛を感じたんだと思うよ。
まぁ後半2行は同意だが。体調悪い時に無理して食べるのイクナイ。
それでも>> 85が食べたがってたカレー一緒に食べてくれたんなら
凄いいい彼氏だと思うけどね^^
91 :85 :2006/09/20(水) 03:30:28
紛らわしくてごめんなさい。
具合が悪かったのは車です。
92 :恋人は名無しさん :2006/09/20(水) 03:49:20
車かよwwwwwwwwww
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup