仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 15 view

ビジネスVSプライベート

━━━━━
  ● ビジネスVSプライベート
─────
20代から30代前半のサラリーマンの方たちの話を聞いていると、
「ビジネスとプライベートはしっかり分けていきたい」
と考えている人が多いようです。
特に、プライベートは大切にしたい、ということで、
終業後は、上司の人たちと飲みに行ったりせずに、
帰ってしまうのだとか。
上司の方たちも、
「最近の若い連中は一緒に酒を飲まなくなった」
とぼやく人が多いようですね。
確かに、ビジネスばかりに気持ちをとられ、
プライベートをないがしろにするのはよくないですよね。
家族・恋人・友人たちと、きちんと向かい合う時間だって
きちんととるべきだと思います。
そういうことはよーく理解しているつもりである私も、
最近の若い人たちが言っている「ビジネスとプライベートを分ける」
という考えに、なんか違和感を感じるんですよ。
いったいこの違和感、何なのでしょう?
 
 


━━━━━
  ● ビジネスとプライベートの上にあるもの
─────
若いサラリーマンが口にする
「ビジネスとプライベートを分けたい」
と、という言葉。私は、この言葉の裏に、
 ■ プライベートをビジネスに浸食されたくない
という気持ちが強くあるんじゃないか、と感じるんですね。
もっとうがって聞いてしまうと
 ■ ビジネスよりも、大事なのはプライベートだから
というニュアンスを感じてしまうんです。
(そうでない、という人は聞き流して下さいね)
で、この考え方は私はどうかなあ、と思ってしまうんですよね。
確かに、若いサラリーマンの親の世代、つまり、私より上の
50代以上の世代は、家庭をないがしろにして働いていた人も
多かったでしょう。
滅私奉公、なんて言いながら、家族をほったらかしにして
働いている人も多かったんじゃないかと思います。
そんな親の姿を見て、ああはなりたくない、と思うあまりに、
ビジネスよりプライベートを大事に考えるのは無理もないこと
かもしれません。
ま、そんな親の生き様なんか関係なく、プライベートが大事、
と思っている人もいるかもしれませんが。
いずれにしても、このようにビジネスとプライベートを対立軸に
おいて考えている人ってけっこう多いような気がするんです。
しかし、私としては、もう少し高い視点で自分を捉えてみても
いいんじゃないかと思うんですよね。
望むと望まざるとにかかわらず、たいていの人は大人になれば
社会に出て働くもの。
つまり、ビジネス、というものはずっと一生ついて回るわけです。
であるならば、ビジネスとプライベートは、
 ★ 両方とも自分のライフ(人生)に含まれるもの
という考え方になるんじゃないかと思うんですよね。
そう考えると、たいていの人は、自分のライフの半分以上が
ビジネスに占められ、残りがプライベートになりますよね。
で、このライフに含まれるビジネスとプライベートを対立軸に
おいて、片方をないがしろにしてしまうと、
 ★ ライフ(人生)の半分を大事にしない
ということになってしまうわけです。
これって、もったいないと思いませんか?
どうせなら、ビジネスもプライベートも、一緒に充実させていこう、
という風に思った方が、変に対立意識を持って切り分けている人よりも、
幸せに生きていけるのじゃないかと思うんです。
実際、私の友人たちは、ビジネスとプライベートに変な切り分けをせず、
両方を楽しんでいる風に見受けられます。
 ・ビジネス仲間とプライベートでも遊びに行ったり
 ・家族をビジネスの世界に呼び込んでしまったり
 ・プライベートでの楽しみからビジネスのヒントを見つけたり
意地になって両者を切り分けたりせずに、楽しみながら
両者を融合している人って、結構いるんですよ。
ビジネスもプライベートも、詰まるところ、あなたの人生そのもの。
であるならば、どちらが大事、ということに意識を向けるのではなく、
 ★ 人生を充実させるためにどうしたらいいだろうか
という視点で、ビジネスとプライベートの過ごし方を考えてみては
いかがでしょうか?
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 ビジネスVSプライベートと考えず、ライフを充実させると考えよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ビジネスって、本来楽しいものなんですよね。
でも、親や学校の先生や、会社に入った上司が、そういう風に
教えてくれる人って、少なかったりするんですよね。
たまに「ビジネスは楽しむもんだよ」という上司がいたりしても、
その人を見ると、決して楽しそうにビジネスしてなかったり、
たいしたビジネスをしていなかったりで、その言葉を素直に受け取る
気持ちになれなかったりもしますし。
だからといって、ビジネスを楽しむことをあきらめ、プライベートに
逃げることは、しない方がいいと私は想います。
あなたの会社の中に、ビジネスを楽しんでいる人がいなくても、
会社の外には、そういう人たちがたくさんいるんです。
一番いいのは、積極的に外の世界、例えば、異業種交流会や
ビジネスセミナーなどに参加して、そこで生き生きと働いて
いる人に触れて見ることが、ビジネスを楽しく充実させる一歩に
なることも、よくあります。
私自身、そういった、生き生きと働く人たちの集まりに参加しながら、
自分のビジネスの取り組みを見つめ直したことが、今の仕事に通じる
第一歩になったと思っています。
若いうちは、一歩も動かずに周りを見てため息をついているだけでなく、
積極的に自分が動いて、いろいろなビジネスマンを目の当たりに
して、たくさん刺激を受けて下さいね。
 
 
 
◆◆ 教材のご案内 ◆◆
 ┌───
┌────
● 自分の魅力を表現し、人を惹きつける文章を書く!
   「読み手の心をググッと掴め! 人の心を動かす文章の作り方」
            ~全12回メールセミナー~
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 受講者に成果・成長を起こす効果的なセミナー・研修・講演の
  構築手法が詳しく解る
    「高品質セミナー作成講座 DVD教材」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日は、卒業式が行われていたようですね。
卒業したお子さんをお持ちのお父さんお母さん、おめでとうございます!
卒業式といえば、先日関内を歩いていたときに、袴姿にブーツという
いでたちで歩いていた、2人連れの若い女性がいました。
手には色紙を持って、笑顔で話しながら歩いている彼女たちを見て、
ああ、学校での思い出話で盛り上がっているのかな、と思ってほほえましく
見ていると、
「おお、おねーちゃん、すげえ綺麗な格好だなあ!」
と、バイクに乗ったおじさんがその二人に話しかけてきて、
「今日はなんだい? 結婚式かい?!」
と笑顔で一言。思わず吉本新喜劇のようにその場でコケそうになって
しまいました。
おいおい、おっさん、あの格好は、どー見たって卒業式だろ!!
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup