仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 20 view

WIN-WINの関係とは

おはようございます。水野です。
今日は、ビジネスの世界でよく聞く言葉について
考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● WIN-WINの関係とは
─────
ビジネスの世界には、WIN-WINの関係、WIN-LOSEの関係
という言葉があります。
文字通り、WIN-WINは、お互いが勝つこと。
そして、WIN-LOSEは、一方が勝ち、一方が負けること。
以前のビジネスの世界は、WIN-LOSEの関係、
つまり、自分が勝つために、相手を負けさせる、という
考え方が主流でした。
ビジネス用語の中に、戦略とか戦術といった、戦争用語が
使われていることからも解るように、ビジネスは戦いだったんですね。
しかし、近年になって使われ始めたのが、WIN-WINの関係、
という考え方。
相手を負かして自分が勝つ、という考え方をやめて、お互いが
勝つという状態に持っていきましょうよ、という考え方が
出てきたのです。
この考え方が非常に受けたのか、最近では、ビジネスに取り組んで
いる人たちはもう、当たり前のように使う言葉となりました。
しかし、この言葉を使っている人たちと話をしていると、
どうにももやもやした気持ちが芽生えてくるんです……
 
 


━━━━━
  ● ありがちな言葉こそ……
─────
ビジネスの世界には、たくさんの耳触りのいい言葉があります。
今回のWIN-WINの関係、というのも、そのひとつです。
で、この言葉の意味はなんですか?ときくと、結構皆さん答えるのですが、
しかし、
 ■ 具体的に、あなたはどうやってその言葉を実現させていますか?
ということを聞くと、とたんに答えがあやふやになってしまいます。
耳触りのいい言葉とは、口にするには気分がいいですが、
その気分の良さが裏目に出てしまうことも、多々あるんですよね。
それは、
 ■ 口にしたことで、やった気になって満足してしまう
ということ。
「WIN-WINの関係を意識して仕事に取り組んでいます」
と言ってしまえば、それで、いい仕事をしたような気になってしまう。
あまりにこの言葉が使われすぎているような気がするせいか、
そんな人が多いように見受けられるように思えてならないんです。
でも、本当に良い言葉だと思ったのならば、その言葉をただ
口にするだけでなく
 ★ その言葉を自分のビジネススタイルにどう反映させるか
ということが重要なことではないのかな、と思うのです。
ビジネスは、具体的な行動によって具体的な成果を生み出すこと。
言葉遊びでその気になって満足することではないですもんね。
もし、あなたがこのWIN-WINの関係という言葉を使って
いるのだとしら、この言葉を実現するために、どんなスタイル、
どんな行動を通じてビジネスに取り組んでいらっしゃいますか?
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  耳触りのいい言葉こそ、自身の具体的な行動まで落とし込んでおこう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ちなみに、私の場合もWIN-WINの関係という言葉を使います。
初めのうちは、私も言葉遊びで終わっていまして、せいぜい
「お互い損せず、得するような仕事の仕方をしよう」
程度のことしか考えていませんでした。
でも、この程度の考えでは、実際にビジネスの世界でWIN-WINの
関係を築くことは出来ないんですよね。
そこで、私はWIN-WINの関係というものをきちんと考えてみよう
と思いました。
で、私なりにWIN-WINの関係を、
 ★ 相手を儲けさせ、その一部をお裾分けとしていただくこと
と、定義したんですね。
で、数値目標として、
 ★ 相手が儲けた価値の10分の1の金額を頂く
ということを掲げたんですね。
ここまでWIN-WINの関係という言葉を定義すると、
仕事の取り組み方がかなり変わってきました。
こんな定義をしたら、
「お互い損せず、得するような仕事の仕方をしよう」
なんて、ぬるい考えで仕事に取り組んではいられないわけです。
一生懸命、自分が提供できる価値を上げることに力を入れ、
本当に水野とつきあって、びっくりするくらい得をした、と
思ってもらえるような仕事をしよう、と思うわけです。
それに、私だって欲がありますから、頂くお裾分けは
多い方がいいわけです。
だからこそ、さらにたくさんのお裾分けを頂くためにも、
相手により高い価値を提供できるような人間になろうと
いうという努力をしてきました。
そうすると、やっぱり仕事の質も変わってくるんですよね。
そして、今現在も、「WIN-WINの関係」の言葉を口に
しながら、もっともっとお客さんに高い価値を提供できるよう、
日々の仕事に取り組んでいるのです。
 
━━━━━
  ● コミュニティリーダー育成講座 10月18日(土)東京開催
─────
講師業、コーチ、コンサルタント、研修業、カウンセラー、社内講師、
人事担当者、etc.
人を育てる仕事に関わるあなたなら、こんな気持ちになったことは
ありませんか?
「もっとたくさんの人に結果を出して欲しい!」
「クライアントが成長し、結果を出すまで見届けたい!」
「安定した収入を確保して、育成に力を注ぎたい!」
また、これから講師として活躍したいあなたは、こんな気持ちでは
ないでしょうか。
「どのように営業、集客をすればいいのか不安だ」
「自分らしい研修・セミナーのコンテンツはどう作ればいいのだろう」
「講師としてのブランドを高めたい」
そんなあなたのニーズをすべて解決する方法があります。
結果が出るまで相手と付き合い、講師としての収益基盤も確保する。
たくさんのフィードバックをもらい、コンテンツを充実させる。
口コミでセミナー集客もどんどん楽になる。
そんな方法があります。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/community/
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、朝4時まで原稿を書いていて、2時間ほど寝て、朝イチから
夜の9時まで、休み無く3本の打ち合わせがありました。
どの打ち合わせも、結構頭を使うもんで、帰りの電車に乗ったら、
もうへろへろになってしまい、メルマガの原稿を書こうとノート
パソコンを開いたものの、指をキーボードのホームポジションに
おいたまま、気を失うように眠ってしまいました。
八王子について目が覚めたら、画面中に
j;あっっっっっっっっっっf:じゃsdkjfs;あfんdsk
f;l;s;j;あだfんk;dな;dkfじゃ;dkふぁ;ふぁ
って文字が、画面いっぱいに並んでいました。
一瞬、このままの文字をメルマガにて、タイトルを「シュールとは」と
して発行しようと思いました。
きっと、このメルマガを読んで下さる読者は、裏の真意を読んで
意味を見いだしてくれるに違いない、と。
でも、やっぱりそこまでやる勇気が無く、家に帰ってちゃんと
書きました、はい。
 
 
★☆ 現在、Biz.IDにて連載中です!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup