仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 10 view

あなたの壺にはどれだけ入る?

おはようございます。水野です。
今日は、ネットで見つけて、うーむと唸ったお話しを
ご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 壺は満杯か?
─────
先日、ネットサーフィンをしていたときに、思わず考えさせられる
小話がありました。
まずはこのお話をお読みください。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」
教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」
教室中の学生が
「はい」
と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの
砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、
岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」
学生は答えられない。一人の生徒が
「多分違うだろう」
と答えた。
教授は
「そうだ」
と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、
「いや」
と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。
彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
さて、あなたはこの質問に対して、どう答えるでしょうか?
 
 


━━━━━
  ● 壺を有効に満たすためには
─────
先ほどの話は、次のように続いていきます。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」
と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。
 この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に
 入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度と
 ないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、
家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の
低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない
「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く
時間を失い、その結果それ自体失うだろう。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
最近、徐々に仕事が増えてきて、本格的に時間管理をしていかないと
仕事が回らなくなってきた私にとって、この話は、非常に耳が痛く、
そして、大変重要なことを教訓と教えてくれました。
あなたは、この話を聞いて、自分の壺に、何を、どういう順番で
入れていきますか?
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   自分の有限の壺に、何をどういう順番で入れるのか考えよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ここで難しいのは、自分にとって、一番大事なものにあたるものを
きちんと選び出すことなんですよね。
自分自身、今一番大事にしているものが何かということについては、
情けないことに、これだと明確に決めきることが出来ません。
理由のひとつに、いまだ結構成長過程にあるため、しばらく時間がたつと、
今まで大事だと思っていたもの以上に大事なものが出てきたり、
大事だと思っていたものが優先順位の変化や、アウトソーシングなどが
出来るようになるなどで、やるべきことの重要さが、そのときに酔って
結構あるんですよね。
ただ、壺のスペースは有限ではありますが、一度入れたものが
二度と取り出せない、ということはありません。
ですから、折に触れて、壺に入れたものの大切さや重要度を
折に触れて確認することが必要となるでしょう。
幸い、この壺は、入れたら最後、密閉されて二度と開封できない、
といったものですから、おりにふれて、
 ★ 壺の中身の棚卸し
ということも、定期的に開催した方がいいでしょうね。
限られた時間、限られた資源。
お互いに、大切に、無駄なく使っていきましょうね。
 
 
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 ┌───
┌────
● 私に5時間ください。そうすれば私はあなたを、
  『参加者に確実な成果をもたらす講師・教育者』
  に大変身させることができます。
  セミナー参加者の8割に対し、48時間以内に行動を促すほど
  高品質なセミナー・研修構築術を今ここに公開します。
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
先日、友人たち3人と、新宿御苑駅近くにある、「赤ちょうちん」という
ホルモン焼き屋さんに行ってきました。
メインは、ホルモンの刺身なんですが、これがもう、どれも絶品!
新鮮だからこそ食べられる刺身に、舌鼓を打ちました。
また、シビレニラ炒めというものも食べたんですが、これもまた
めちゃくちゃうまい。
思わずおかわりをしてしまったくらいのうまさでありました。
ホルモン焼き屋といいながら、刺身がメインで、火を通すものは
全部厨房で炒めて出すというものでしたが、素人の自分が
変に炭焼きしておいしいタイミングを誤って焼いてしまうより、
よっぽどおいしいですね。
ということで、是非またいきたいと思うようなお店でありました。 
 
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

popup