仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 27 view

子供達を責めないで

おはようございます。水野です。
今日は現在連載しているBiz.IDの記事に寄せられた、
読者からのコメントを取り上げてお話ししてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 私のカラオケ定番ソング
─────
私はあんまりカラオケには行かないんですが、
たまに飲み会のノリでカラオケやろう、というときには、
それはそれで楽しんで盛り上がるクチであります。
が、私の十八番が結構特殊でして。
あんまり知っている人がいない曲なんですよね。
その中のひとつが「子供達を責めないで」という曲。
歌うは伊武雅刀さん。
今は主に役者さんとして活躍されていらっしゃいますが、
40代の男である私としては、宇宙戦艦ヤマトに出てくる
「デスラー総統」として認識しております。
まあ、歌といっても、曲をバックに熱く語る、というような
ものですので、音痴の方でも大丈夫。
歌はこんな感じのものです。
youtubeで見られます。
http://jp.youtube.com/watch?v=0B2FZDzXUV4&feature=related
動画を見られない人のために、歌詞の一部を掲載しましょう。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  私は子供が嫌いです。
  子供は幼稚で 礼儀知らずで 気分屋で
  前向きな姿勢と 無いものねだり
  心変わりと 出来心で生きている
  甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪のりする
  オジンだ 入れ歯だ カツラだと
  はっきり口に出して人をはやし立てる無神経さ
  私ははっきりいって”絶壁”です
  努力のそぶりも見せない 忍耐のかけらもない
  人生の深みも 渋みも
  何にも持っていない
  そのくせ 下から見上げるようなあの態度
  火事の時は足でまとい 離婚の時は悩みの種
  いつも一家の問題児
  そんなお荷物みたいな そんな宅急便みたいな
  そんな子供達が嫌いだ
  私は思うのです この世の中から子供がひとりも
  いなくなってくれたらと
  大人だけの世の中ならどんなによいことでしょう
  私は子供に生まれないでよかったと
  胸をなで下ろしています!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
どうでしょう。
とんでもない歌でしょ(笑)
この歌詞のあと、さらに強烈な子供批判をヒステリックに
繰り広げるわけで、その様子につきましては是非動画の方を
ご覧いただけたらと思います。
 
 


━━━━━
  ● ○○を責めないで
─────
さて、先ほど上げた歌詞の中で、私が一番印象的に
感じる部分があります。
それは、
  私は子供に生まれないでよかったと
  胸をなで下ろしています!
という一節。
ここが、子供達をヒステリックに責める歌詞の中で、
安心して笑えるところなのであります。
「オイオイ、お前も昔は子供だっただろ!」
って、ツッコミを入れられるところですからね。
でも、この他人にならばツッコミを入れられることも、
自分でついついやってしまっていることってありますよね。
若い連中を見て、
「最近の若いやつは」
とぼやくこと。
部下に対して、
「こんなことも分からんのか」
と叱るとき。
まるで、以前自分が若かったときのこと、部下だったときの
ことなど、無かったかのような考えや発言をしてしまうことって、
ありませんでしょうか?
実は、私自身も、こういう罵倒を良くやってしまいます。
しかし、今もう一度改めてこの歌を聴いてみると、伊武雅刀さんの
ヒステリックな歌いっぷりがおかしいのに、笑うよりも、自分も
同じことをしてしまったという気恥ずかしさを感じてしまうのです。
誰かを、またなにかを否定、罵倒して責める前に、
自分にそういう時代が無かったかどうかを、まずは
思い出してみたほうがいいかもしれませんね。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   なにかを責める前に、まずは自分の胸に手を当ててみよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
不思議なもので、他人を責めようとしてしまうときは、
 ■ 過去自分がやってきてしまったこと
を、他人がやってきたことが多いようです。
実は「子供達を責めないで」を作詞したのは、あの秋元康さん。
ここで責めている子供というのは、秋本さんご自身の子供時代が
モデルになっているんだそうです。
やっぱり、今の自分から見て、まったくもう、と思ってしまう
自分の過去に、他人を通じて触れてしまうと、感情がざわめいて
しまうようですね。
そんなときは、苛立ちをいったん抑えて、
 ★ 昔の自分は、その状態から、どうやって変わったのか
ということを、思い出してみるのも良いかもしれません。
なじったり責めたりするよりも、きっと建設的なことを
考えられることでしょう。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090131
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 3月14日のライブセミナーはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
私のカラオケの十八番は、今日ご紹介した「子供達を責めないで」
の他に、「イヨマンテの夜」を良く歌います。
また、「宇宙戦艦ヤマト」を始めとする、ささきいさおさんの曲や
水木一郎さんの「マジンガーZ」などの、昔の漫画主題歌。
とにかく、元合唱部上がりで、暑っ苦しい性格にぴったりの、
大きな声で歌うものや絶叫系が大好きであります。
最近のおしゃれな歌は、声質的にも、性格的にも、
あんまり合いませんな(汗)
さて、我が家の昨日のネコブログ。
私の、漫画だらけの部屋が公開されています。私に許可無く(怒)。
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/200901300000/
 
 
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

popup