仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 15 view

考えるということ

おはようございます。水野です。
本題に入る前のお知らせであります。
来月の5月16日に、「高品質セミナー作成講座」を
開催いたしますが、特別割引価格の終了まで残り
4日となりました。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非ご参加ください。
詳しくはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/
 ※早期特別割引価格は5月12日まで!
さて今日は、昨日のメルマガに引き続き、考えるという
事について考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 考えるということ
─────
昨日のメルマガで、考えすぎてしまうという人に向けて、
お話ししました。
【考えすぎてしまう人たちへ】
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/825160.html
このメルマガでは、考えすぎてしまうという言葉を使いながら、
実際は、考えているのではなく、悩んでいるというケースが
多いようなので、そのことを確認してみては、というお話を
しました。
今回は、さらに考えを進め、「考える」ということについて
考えてみたいと思います。
大辞林によると、「考える」とは、以下のような意味であると
書かれています。
 1 物事について、論理的に筋道を追って答えを出そうとする。
   思考する。
 2 さまざまなことを材料として結論・判断・評価などを
   導き出そうとする。
 3 (形容詞・形容動詞の連用形に付いて)それが…である、
   という感情や評価をもつ。…だと感ずる。
 4 結論を出すための材料の一つとみなす。
 5 計画する。意図する。
 6 工夫して新しいものを作る。
 7 罪を問いただす。処罰する。
 8 比較検討や占いの結果に基づいて判断する。
これらを見るに、考えることのゴールは、答を出したり判断したりと
いうことになるようです。
そういう意味では、全ての人は考えるということをやっている
事になりますよね。
しかし、同じ事を考えても、人によって、他愛のない答しか
出せない人もいれば、非常に深いことまで導き出せる人もいます。
この違いは、一体どこから来るのでしょう。
地頭の良さ?
確かにそういうところも大きいかもしれません。
しかし、私自身、企業研修でも、考えて頂くワークなどを
やっていますが、大手企業で働く、学歴も高く、頭もいい
と思われるビジネスパーソンの方たちを見ていても、ちゃんと
考えられているように思える方には、ほとんど出会いません。
彼らは、立派な大学を卒業し、競争率の高い就職競争に
勝ち抜いて、その会社に入った人たちです。
地頭も、かなりいいはずなんですよ。
なのに、たいした答えを導き出せない。
なんてえらそうなこと言ってますが、実は、私自身も
以前は大してきちんと考えることが出来ませんでした。
しかし、ある方の思考プロセスを見て、考えるという
事が、どういう事なのかということが分かったんです。
 
 


─────
  ● メンターの考え方
─────
私のメンターの一人であるコンサルタントの方は、非常に
オリジナリティの高い手法を独自でいくつも創り上げました。
私は、よくこんな事が考えられるなぁ、一体この人の
頭の中は、どんなことになっているんだろう、と思って、
しばらく張り付いて、その人の頭をのぞき見ようと思ったんです。
すると、やはりその人は、常に何かについて考えを巡らせて
いるんです。それはそれでなるほどな、と思いました。
しかし、その考えている最中の話を聞いてみると、
 ■ え? これほどの人が、これくらいの答しか導けないの?
といったような、たいしたことのない答えが出てくることが、
もうしょっちゅうあるんですよ。
最初に、そのたいしたことのない答えにであったとき、私は
軽い失望感を感じました。
ところが。
その方は、即座にその導き出した答えを足がかりに、
再度考えを巡らし始めたのです。
そしてまた、ひとつの答を出す。
まあこれもたいしたものではない。
しかし、さらにこの答を足がかりに考え始め……
と、考えて答を出すという行為を、繰り返し続けたんです。
そして、そのスパイラルを繰り返していくうちに、導き出した
答が、ドンドン磨かれて素晴らしいものになっていくのです。
ああ、なるほど。 私はこの時に悟りました。
それまで私は、いい答を導き出す考え方は、
 ■ じっくり考え尽くして、一度で良い答を出す
ということだと思っていたんです。
しかし、私がメンターをやっていたことは、
 ★ 素早く答を出す行為を延々と繰り返す
ということをやっていたんですね。
これを見て、私もこの考え方をまねてみました。
すると、今までよりも、明らかに考え方が深まったんです。
具体的に、一番変わったところは、
 ★ 自分が出した答は、ゴールではない
という意識が常にあるため、答を出した後に「これで大丈夫」
という、油断や安心をすることが無くなりました。
だから、常に自分が出した結論について、さらに思考を深めて
行こうという習慣がついたんですね。
だから、自分なりに持っているたくさんの答や結論が
 ★ 常にバージョンアップしている
という状態になっているのです。
そういう癖や習慣が身についた上で、周りの人たちを見ていると、
 ■ 一回考えて答を出し、その答が正しいと安心しきってしまう
という人が、非常に多いということが分かったんです。
一度だけしか考えずに出した答を持って、
 ・「これはもう分かった」と安心してしまう
 ・「これが正解だ」と言い切ってしまう
 ・「こちらが正しくあなたが間違っている」と決めつける
という行為を、かなりの人がやってしまっているんです。
一度だけ考えて出した答に、なぜそれだけ正しさをゆだねて
しまうのか。
そんな浅い結論に身をゆだねる怖さをなぜ感じないのか。
もしあなたが思い当たるようでしたら、今回お話しした方法で、
考えを深める習慣を身に付けてみるのもいいかもしれません。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
  一度出した答で安心せず、それを足がかりにさらに考え続けよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
ちなみに、あるとき、私はそのメンターに、
「先生は、こういった繰り返して考えることを ひとつの
 テーマに対してどれくらい行っていますか?」
と聞いてみました。
私は、そのときの答を一生忘れられません。
その方は、私の質問に対して、コンマ一秒も間を開けず、即答で
「2000回」
と答えたんです。
ここで、本当にこの方が2000回考えているのか、
という真偽について考えようとした方、その気持ちは、
よく分かります。
でも、せっかくこれを自分の人生に活かすのであれば、
自分の意識のベクトルを、事の真偽に向けるのではなく、
 ■ 間髪入れずにこういう数字が答として返ってきた
ということについて、まずは考えてみましょう。
私の質問に対して、間髪入れずに返ってくる、ということは、
きっとこの方の中には、
 「何を考えるにしても、これくらいは考え続けよう」
という、自分なりの基準値を、すでに明確に持っていた、
ということなんだと思うんです。
もちろん、全てのことについて、2000回も考えている
わけではないでしょうが、些細なことについても、この数字が
基準にある以上、簡単に流して、これでオッケー、という
安易な結論は出さないでしょうね。
だから、10回や20回、いや、100回や200回考えたと
しても、
 ■ これくらい考えたんだからもういいだろう
という気持ちにはならない、ということなんですよね。
自分なりに、そのように解釈して、私自身も、常に
2000回は考えていこうという基準を掲げました。
まだまだ、2000回を考えきったものはないですが、
それ故に、自分の出した結論や答のバージョンアップは、
常に怠らないよう、考え続けているのであります。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090509
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 5月16日のライブセミナーはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
       ※ 早期申込み特別価格は5月12日まで!
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
連日雨で外に出にくい天候ですね。
昨日は、荷物の発送もなく、受け取る荷物もなし、ということで、
久しぶりに事務所に行かずに、自宅で仕事をしていました。
かみさんと、ネコたちと一緒に、まったりとした時間を
過ごしましたが、やっぱり仕事は進みませんね(汗)。
ついつい、ネコたちと遊んでしまいます……
ということで、昨日の我が家のネコブログ。
2番目の写真、啓介がある犬の真似してます。
ビクターに関係ある方は、必見であります!
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/20090508000/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup