仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 25 view

楽をしたいときに考えること

おはようございます。水野です。
本題に入る前のお知らせであります。
来月の5月16日に、「高品質セミナー作成講座」を
開催いたしますが、特別割引価格の終了まで残り
3日となりました。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非ご参加ください。
詳しくはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/
 ※早期特別割引価格は5月12日まで!
さて今日は、ふっと思い出した、昔のマンガのワンシーン
について考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 飛雄馬の判断に一徹が……
─────
スポ根マンガの原点といえば、梶原一騎原作、川崎のぼる作画の
「巨人の星」ですね。
星飛雄馬が父と共に巨人の星を目指していくというお話。
原作やマンガを見たことがない人も、父親である星一徹の
スパルタぶりはご存じのようで。
ちゃぶ台ひっくり返して、飛雄馬をひっぱたき、明子姉さんが
泣きながら止める、というシーンは、知らない人がいない
名シーンでしょう。
そんな巨人の星の中で、印象に残っていた話があります。
毎朝、体を鍛えるためにマラソンをしていた飛雄馬。
ある日、いつものマラソンコースの一部が工事中でした。
飛雄馬は、仕方なく家に戻るのに近い道を選び、そのまま
走って家にたどり着きました。
すると、父一徹が、鬼のような形相で玄関の前に立っていて、
返ってきた飛雄馬をいきなり何度も殴りつけます。
「何するんだ! 父ちゃん!!」
怒る飛雄馬に、一徹は、
「馬鹿もん!! なぜ、工事現場があるからといって、
 近道をして返ってきたのだ!」
と怒鳴りつけます。
「なぜお前は、あえて遠回りの道を通らず、楽な近道を
 選んできたのだ!
 近道と遠回りの道があるときは、遠回りの道を選べ。
 今度近道を選んでみろ。
 そのときはもはやお前は一徹の子ではない!」
と言ったのでした。
 
 


─────
  ● 楽をしたいときに考えること
─────
一徹の厳しさは、確かに正論でありましょう。
しかし、人間、いつでも遠回りを選び続けられるほど、
強くいきられる人も少ないでしょうね。
だから、近道をしたい、楽をしたい、という気持ちになるのは
人間として、自然なことだと思います。
私自身も、基本的にはサボりたがる人間ですので、
近道をしたり、楽をしたい、という気持ちに
すぐなります。
昔は、その気持ちが芽生えたときには、そのまま
何も考えず、その気持ちに素直に従っていました。
しかし、今は、近道しよう、楽しよう、と思ったときに、
 ★ 何のために、その選択をするのか
ということを、一応自分に問いかけるようにしています。
 楽をすることによって、何かメリットがあるか。
 楽をすることで、自分自身を言い方向に導いてくれるか。
そういうことを一旦考えるんですね。l
そうした上で、楽しようという判断に揺れがなかったら、
そのときは、素直に楽する選択をします。
でも、そういった問いかけをしなかった以前と比べると、
「ここはもうちょっと頑張っておこうかな」
と思えることも、結構あるんですよね。
もちろん、楽したいと感じたときに、そうするだけの
きちんとした理由がなく、それでも楽したい、と思う
ことも良くあります。
そんなときは、楽をする選択を取るのですが、
 ★ ここで楽した損を、どこで取り戻そうか
ということだけは、答えが出なくても、考えるように
しておきます。
そういう思考ぐせをつけておくと、安易に楽をするような
事は少なくなるんですよね。
ついついサボってしまう、楽をしてしまうと言うことに
悩んでいる人は、こういった考える癖をつけるように
してみてはいかがでしょうか。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   楽したいときには、何のために楽をするのかを考えてみよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
飛雄馬は、一徹の厳しい指導により、たくさんの訓練を
やらされていました。
当時の彼は、本当につらいし、嫌がっていたことと思います。
マラソンも、強制されて渋々やっていたわけですから、
それは近道もしたくなりますよね。
しかし、このマラソンという運動の意味が
 「自分の体に負荷をかけて、将来の自分自身の体力をつける」
ということをきちんと理解していたら、きっと近道をせず、
遠回りの道を通ったことでしょう。
いつもの道が工事中だから、無意識で近い道を通ってしまった、
ということに、一徹は怒ったのでしょう。
特に、人から強制されて行うことには、ついつい、その意味を
よく考えずに、処理をしていくような意識で取り組んでしまい
がちです。
だから、大変だなあ、と思ってしまうと、安易な道に逃げて
しまうんですよね。
世の中には、自分がやっていることに対して、どういう意味が
あるのか、ということに無頓着である人がかなりいるように
私は思います。
だから、安易に楽したがったり、近道をしたがるのでしょう。
逆に、自分がやっている仕事の全てが、自分にとって価値
あること、意味あることと認識出来るようになると、安易に
楽な道を選ばないのでしょうね。
だとすると、やたらと楽をしたがるような気持ちになって
しまう人は、自分がやっていることに意味を見いだしていない、
という事になるのかもしれません。
そういう人は、こじつけでも良いから、自分のやっていることに、
自分にとって価値あること、意味あることを見つけてみると
良いかもしれませんよ。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090510
  ※コメントも書けるようです。
   なかなかお返事ができませんが、
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
 5月16日のライブセミナーはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
       ※ 早期申込み特別価格は5月12日まで!
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
久しぶりに晴れた昨日。
連休中に出かけられなかったので、かみさんと一緒に
仕事に使う道具を買い出しに行きがてら、都心に
出向きました。
都心で一旦別れ、私は秋葉原へ。
久しぶりに、週末の秋葉原を堪能しましたが、
歩行者天国がなくなって、風景もずいぶん変わって
しまいましたね。
まあ、巫女さんやメイドさんや制服姿の女の子は、
たくさんいて、チラシを配っていました。
特に、女子高生の制服姿でチラシを撒いている人が
結構い他のは驚きました。
新しい制服萌え系の店が出来たんでしょうかね。
興味はあったものの、チラシをもらう勇気がなく、
何のお見せなんだろうと思いながら、用事のある
お店だけに行き、寄り道せずに帰ってきました。
萌え系のお店の道は、遠いであります……
ということで、昨日の我が家のネコブログ。
あつみ♂、すっごいセクシーな感じで映ってます。
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/20090509000/
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup