仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 9 view

ストーリーと世界観

おはようございます。水野です。
本編の前に、9月開催セミナーのお知らせを。
来る9月8日に、
  「人の心を動かすメールセミナー メルマガ事例編」
を開催いたします。
個人ブランディングをしていくにあたり、重要なスキルのひとつとなる、
  「人に喜ばれる情報を継続的に発信できる力」
を身につけるための考え方、方法をお知らせいたします。
受講者の感想も掲載しております。
セミナーの詳細と合わせてご覧下さいませ。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/
 ※ 早期申込み特別価格は9月4日まで!
さて今日は、お台場で話題になった、あのガンダムについて
面白い記事を見つけたのでご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● ガンダムの産みの親、ジプリを語る
─────
この間お台場に登場した、1/1のガンダム。
昨日で展示が終了し、解体作業が始まったそうです。
当初150万人の来訪者と予想していたそうですが、その3倍近い
415万人が訪れたそうです。
私自身も、第1期のガンダム世代でありますが、当時は
宇宙戦艦ヤマト派だったもので、あまり思い入れを持って
見てはいませんでした。
でも、そうはいっても、知らないアニメではありませんし、見ては
いましたから、この像ができあがったのは、非常に感慨深い
ものがありました。
ちなみに、機動戦士ガンダムは、1作目が1979年に放送され、
以降、このシリーズが、テレビ、映画、コミック、小説などに、
次々と発表され、現在でも、漫画などが連載され、2010年には、
新しくテレビアニメが作られるそうです。
30年経っても、全くと言っていいほど色あせず、そして、
いまだにファンを増やし続けているガンダム。
このアニメを作ったのは、富野由悠季さんという方です。
当時からアニメの世界では実力ある方で、ロボットアニメも
たくさん撮っていらっしゃいますが、やはり誰もが知っている
代表作を挙げろ、といわれると、このガンダムが衆目の一致
するところではないでしょうか。
しかし、これだけの息の長い作品を作っている富野さんも、
スタジオジプリの宮崎駿さんには、思うところがあるようです。
以下のサイトで、富野さんご自身が半生を語っている
という貴重無き時を見つけました。
宮崎駿は作家であり、僕は作家でなかった
   ──富野由悠季氏、アニメを語る
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/08/news010.html
ここで、富野さんは、宮崎さんとの違いをこう語っています。
  オスカーをとっているスタジオジブリの宮崎駿監督のように、
  僕がなれなかったのはなぜか?
  彼とは同年齢なのですが、
  「彼は作家であり、僕は作家ではなかった」。
  つまり、
  「能力の差であるということを現在になって認めざるを得ない」
  ということがとても悔しいことではあります。
なんと、富野さんは、作家として、宮崎駿さんに負けている
ということを認めて悔しがっていらっしゃるんですね。
これを読んで私は、面白いなぁ、と思ったのであります。
 
 


━━━━━
  ● ストーリーか世界観か
─────
確かに、宮崎駿さんのアニメは、とても素晴らしく、オスカーを
受賞するのも分からないではありません。
作品も非常に息が長く、ガンダムと、ちょうど同じ時期に
公開された【ルパン三世 カリオストロの城】は、未だに
テレビで時折放映されていますよね。
また、風の谷のナウシカ、となりのトトロ、もののけ姫、など、
宮崎さんの映画は、ほとんどすべてが大ヒットとなり、
驚くほどの興行収入を上げています。
しかし、面白いことに、宮崎さんの作品は、それぞれ息が長く
多くの人に見られているものの、続編がないんですよね。
どれもすべて、一本で終わり。続きはないわけです。
しかし、富野さんのガンダムは、作品そのものの息も
長いですが、それ以上に、続編がたくさん作られており、
その続編にも、ファンがきちんとついて、指示されて
いるんですよね。
作家として宮崎さんは優秀であるかもしれません。
が、富野さんも負けず劣らず、続いているものがあるわけです。
この違いはいったい何か。
私は、富野さんは、宮崎さんと比べて、
 ■ 世界観を作る能力において優秀だった
と思うのです。
宮崎さんは、ストーリー作りにはたけていたものの、
そのストー理の完成度が高いため、続編を作ることが
ありませんでした。
また、その続編を作ることも、望まれませんでした。
しかし、富野さんが作ったガンダムは、その世界観を
受け継ぐ物語が求められましたし、以来30年にわたって
新しい作品が、その世界観のもとで生み出され続けて
いるのです。
もちろん、それらすべてを富野さんが作っているわけではなく、
新しいクリエイターたちが、その世界観に参加し、そして、
そこから新しい物語を紡ぎ続けているんですよね。
私個人的には、この富野さんのなした偉業の方が、ある意味
宮崎さんよりも素晴らしいとも思うんですよね。
ストーリー作りの才能を持った宮崎さんと、長期間にわたって
作り続けられる世界観を作った富野さん。
どちらも非常に優秀で、そしてどちらの能力も、
世の中に求められるものではあります。
でも、それでもあえて質問してみましょう。
あなたは、どちらの人物に憧れ、そして、どちらの人物を
目指したいと思いますか?
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 ストーリー作りの天才と世界観作りの天才、あなたはどちらになりたい?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
これって、見方によっては、自分自身のリーダーシップ像を
考える、良い題材だと思うんですよね。
私は、以前は間違いなく宮崎さんのような人を目指して
いたと思います。
自分自身でストーリーを練り上げ、そのストーリーで
ぐいぐい周りを引っ張っていきたい。
そう考えていました。
でも、最近は、富野さんのような人を目指していきたいと
思うようになってきています。
世界観をきちんと作ってあげて、そこに皆を集めたら、
あとはその世界観の中で、みんなに自由に行動してもらいながら、
何かをまとめ上げていく。
そういった、集まってきたメンバーが、自発的に素晴らしい考えや
アイデアを生み出していけるような、そんな世界観を作り、それを
提供していけるような人間に、憧れるようになりました。
これは、どちらがよくてどちらが間違いということでは
ありません。
また、この考えが合うか合わないか、ということもあるでしょう。
もっと言うなら、二つのうちのどちらかを選ばなければいけない、
というものでもないですよね。
でも、せっかくの機会なので、この二者択一のどちらを選ぶかを
をちょっと考えてみてもらい、そこで自分の中に浮かんできた
考えから、さらにご自身の考えを深めてみて下さいね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090902
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 個人ブランドを確立するために必要な情報発信力を身につけよう!
    ★ 相手をうならせ虜にする自己表現力を身につける ★
           人の心を動かす文章の作り方
           ~ メルマガ事例解説編 ~
              9月8日開催
  → http://sp.m-stn.com/seminar/magsem/index.php
       ※ 早期申込み特別価格は9月4日まで!
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t

 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 
  
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
台風一過、ということで、東京地方は昨日は暑かったですね。
とはいえ、私はほとんど一日事務所内で原稿チェックしてましたけど。
タイトルや表紙も、徐々に決まってきておりまして、だんだん
本らしくなってきました。
まだ、色々とお見せできるところまではきていませんが、
決まり次第、徐々に皆さんにお伝えしていきますね。
その前に、ゲラの校正をがんばらねば……
さて、昨日の我が家のネコブログ。
言い訳じゃないですけどね、そんなに抱きまくっていた
わけじゃないですよ。
確かに、ちょっかいは結構出したかもしれませんが……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090901.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup