仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 14 view

いじめられている君へ

おはようございます。水野です。
本編の前に、10月のセミナーのお知らせを。
来月の10月2日に、「高品質セミナー作成講座」を
開催いたしますが、早期申し込み特別価格の期限が
今週の金曜日に迫ってまいりました。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非ご参加ください。
なお、受講された方の詳しい感想があります。
こちらをご覧ください。
 プロの研修講師の方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/uemura.html
 コンサルタントの方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/mori.html
 → http://sp.m-stn.com/jirei/yokosuka.html
高品質セミナー作成講座の詳しい内容・お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 
 ※ 早期割引特別価格は9月26日まで
さて今日は、先日見た深夜番組で、感心したことについて
お話ししてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● さかなクン、ふたたび
─────
昨日のメルマガでご紹介した、さかなクン。
あれから、彼のことが気になって、色々と調べてみました。
まあ、ネットでしか調べてないところが、ヘタレなので
ありますが……(苦笑)。
いやあ、面白いですね。彼の人生は。
さかな好きが高じて、さかなに関することしかしていなかった
人生のようですね。
そもそもは、友達が描いた、落書きのタコの絵が
かわいかったという事で、とにかくタコに関心を
持ち続け、魚屋に行っては、ずっと吸盤を数えたり、
お母さんにお願いして、1ヶ月間ずっとタコの料理を
作ってもらったりしていたそうで。
そこから次第に他のさかなにも興味を持ち始め、その後はもう
ずっと、魚漬けの人生を送ったようです。
その情熱は半端ないだけでなく、かなり優秀だったようで、
高校時代、カブトガニの人工孵化に成功したという事で、
これは新聞にも載ったとのこと。
大学も、現在の東京海洋大学にはいりたかったものの、
合格できず、動植物の専門学校に行ったそうですが、
そんな彼も、今ではその入りたかった大学の、
客員助教授となっているという事で。
なんと、落ちて入れなかった学校で、先生になってしまった
ということです。すごいですね。
そんな彼が、今から約3年ほど前に、新聞に寄稿した
記事を見つけました。
それを読んで、ああ、とってもいい話だなあと思ったので、
ご紹介したいと思います。
 
 


━━━━━
  ● いじめられている君へ
─────
それは、「いじめられている君へ」というタイトルのもの。
いじめに遭っている、またはいじめをしている子供たちに向けて、
送ったメッセージでした。
さかなくん自身が体験し、目撃したいじめの話を引き合いに出しつつ、
こんな話を、彼は聞かせてくれました。
  たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。
  せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして
  攻撃し始めたのです。
  けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
  すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。
  助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。
  いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。
  広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に
  閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。
  同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。
そしてさかなクンは、いじめられている子を、よく海釣りに
誘ったそうです。
いじめられている子は、学校という狭い水槽から離れた、
広い海に連れて行くだけで、慰めたり励ましたりせずとも、
ホッとした顔をしたそうです。
そして、彼は最後に、こう締めくくっていました。
  ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中に
  なっていたらいやなことも忘れます。
  大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかを
  いじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。
  外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。
  広い空の下、広い海へ出てみましょう。
さかなクンの、このアドバイスは、子供たちだけでなく、
大人たちにとっても、心して耳を傾ける言葉でしょう。
この記事を読んで、私はますますさかなクンのことを
尊敬したのでありました。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   いじめっ子もいじめられっ子も、外の世界に目を向けよう!
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
確かに、いじめというものは、とても狭い世界で起きるものですよね。
いじめっ子というのは、狭い中で権力を振り回そうとしますし、
いじめられっ子は、自らのおかれた狭い世界で、自分の不幸を
嘆いている。
どちらにしても、狭い世界の中に自分がいるという意識が、
そうさせているというのは、確かに言えるのかもしれません。
さかなクンも、ああいったキャラクターだから、きっと
普通だったらいじめられるような子供時代だったと思います。
だけど、その記事を読んでいる限り、彼はいじめられている
自覚もなく、その事実すらないように思うのです。
ひょっとすると、彼自身、いじめられていることに
気が付かなかったということもあり得るかもしれません。
でも、多分彼はいじめられていなかったんだと思います。
そもそも、いじめとは、両者が狭い世界の中にいて、そこから外に
出られないという前提があって、始めて成立する訳です。
いじめっ子が認識している範疇を超えた世界観を持っている
人は、そもそもいじめられようはずが無いわけです。
だから、もしあなたがいじめられているとしたら、それは
あなたの世界が、いじめている人の世界観の中でとどまって
しまっているからかもしれません。
もっと、広い世界を知り、そこに飛び出ていけるような
力を身に付けていけば、いじめられなくなるでしょう。
そして、もしあなたが、いじめられている人を見つけ、
その人を助けたいのであれば、いじめっ子以上の広い
世界を、いじめられている人に見せてあげられる人間に
なりましょう。
いじめている人を責めたり叩いたりするよりも、
そちらの方が、多分有意義で、本当に役立つ
救いになるかもしれませんから。
私も、もっと広い世界を知り、それを伝えられる人間に
なりたいと、さかなクンの話を聞いて、心から思うので
ありました。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090909
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t

 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t

 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、メルマガ事例セミナーでした。
参加者はこじんまり8名だったんですが、その後の懇親会に、
10時過ぎから開始にもかかわらず、全員参加して下さいました。
ほとんどみんな終電まで盛り上がっていました。
平日夜間のセミナーでは、ほとんど懇親会をやらなかったので、
あまりの参加率と滞在時間に、びっくり! でありました。
でも、明日仕事の人も多かったので、大丈夫かなあ、と
心配しております。
まあ、皆さん節度を持って飲んでいらっしゃいましたけど。
しかし、セミナー含め、とっても楽しいひとときでした。
ということで、お酒飲んだ後に、電車の中でこのメルマガを
書いています。
言ってること、本当だったでしょ♪ > 参加者の皆様
さて、昨日の我が家のネコブログ。
関東では「だるまさんがころんだ」といいます。はい。
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090908.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html

★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup