仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 12 view

できない人の育て方

おはようございます。水野です。
本編の前に、10月のセミナーのお知らせを。
来月の10月2日に、「高品質セミナー作成講座」を
開催いたしますが、早期申し込み特別価格の期限が
今週の金曜日に迫ってまいりました。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非ご参加ください。
なお、受講された方の詳しい感想があります。
こちらをご覧ください。
 プロの研修講師の方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/uemura.html
 コンサルタントの方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/mori.html
 → http://sp.m-stn.com/jirei/yokosuka.html
高品質セミナー作成講座の詳しい内容・お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 
 ※ 早期割引特別価格は9月26日まで
さて今日は、ある学校の先生の、教育方法について
考えさせられたことをお話ししたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● さかなクン、ふたたび
─────
ネットで見つけた、素敵な先生のお話です。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
小学生のとき、少し知恵遅れのA君がいた。
足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅い。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。
担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに
答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と
答えを出そうとする姿を、周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。
クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、
N先生は違う学校へ転任することになったので、全校集会で
先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、
と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。
私は、A君の言葉を忘れない。
「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、
 ありがとうございました」
A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、
体育館に響いただけでした。
数年後の昨日、デパートのポストカードの中に
美しい水彩画と、A君のサインを見つけました。
N先生は今、僻地で小学校で校長先生をなさってます。
先生は教員が少なく、子供達が家から
2時間ほどかけて登校しなければならないような
過疎地へ自ら望んで赴任されました。
N先生のお家には毎年夏にA君から絵が届くそうです。
A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本当に、素晴らしい先生ですね。
しかしながら、ただのいい話として感動するだけでなく、
この先生の教育は、実に考えさせられるものがありました。
 
 


━━━━━
  ● できない人の育て方
─────
N先生は、少々知恵遅れであるA君に対して、できないことを
できないままとせず、忍耐強く教えていきました。
こうやって、できない子を一生懸命育てようとする
先生は、少なからずいると思うんですよ。
しかしながら、ここで私がうなったポイントは、
 ★ N先生の想いが、A君にきちんと伝わっていた
ということ。
生徒に対して、厳しく接しているにもかかわらず、
先生の想いがきちんと伝えられていない先生というのは、
とっても多いように思います。
では、なぜN先生の想いが、A君に伝わったのか。
再び、小学校のお別れ会に時間を戻し、先生の
スピーチを聞いてみましょう。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。
「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
 みんなはもしかしたら、 見たこと無いかもしれない。
 ユトリロっていう、フランスの人でね、
 街や 風景をたくさん描いた人なんだけど。
 空が、綺麗なんだよ。
 A君は、その才能の代わりに、
 他の持ち物がみんなと比べて少ない。
 だけど、決して取り戻せない物ではないのです。
 そして、A君は それを一所懸命自分のものにしようと
 しています。
 これは、簡単なことじゃありません!」
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
いかがでしょうか。
ここには、だめなところを何とかしてやろうという気持ちや、
単に長所を伸ばせばいいといったような、底の浅い考えではなく、
 ★ 長所を認めつつ、できないところも、成長する可能性を信じていた
ということ、そして
 ★ そこに取り組む努力に対して、最大限の敬意を示していた
ということなんですよね。
厳しく接しようが、優しく接しようが、そんなことは教育方法の
ほんの上澄みにしか過ぎません。
それ以上に重要なことは、
 ★ 教えるという行為に対しての、生徒との信頼関係を築く
ということだと想うのです。
N先生の想いは、A君に対してきちんと伝わり、A君は最大限の
努力で、その想いに答えました。
おかげで、最初は知恵遅れだと言われながらも、大学まで
無事卒業し、画家としての人生を歩んでいるのです。
N先生の元に毎年届く絵。
そこに描かれている空は、N先生が作り方を教えた、
美しいエメラルドグリーンだそうです。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   教える人の成長の可能性を信じ、努力に敬意を表しているか?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
人を育てる、という話になると、ついつい、
 ・優しく育てるべきか、厳しく育てるべきか、
とか
 ・短所を補うべきか、長所を伸ばすべきか
といった話になってしまうことも多いですが、
実は、これは表層的な話なんですよね。
それ以前に、信じることと敬意を表することができ、それが
相手に伝わっていなければ、どんな素晴らしい方法を採っても、
ほとんど意味がないと想うのです。
また、時々、
「いつか分かる日が来るはず」
という想いを持って人を育てようとするケースがあります。
もちろん、教えることが、すぐにその場で理解できないことも、
多々ある話であります。
ですから、焦らず、分かる日が来ることを信じて教えることも
必要となります。
しかし、可能性を信じていることと、敬意を表していることは、
今、この場で分かってもらう必要があると、私は思います。
だから、たまに、
「俺がどれほどおまえを愛していたか、いつか分かる日が来るはず」
といっている人がいたりしますが、これはまずいと思うんですよ。
未来に花咲く教えというものを、きちんと相手に根付かせようと
する場合などは特に、
 ★ それを教えるときに、きちんと信頼関係が築けているか
ということが重要になります。
その信頼関係の構築まで、先送りしていては、きっと伝えるべき
ことも伝わらず、
「あいついやな先生だったな」
ということだけしか残らないことにもなりかねないでしょう。
人を育てるときは、まず一番はじめに必要なことが信頼関係作り
だと思います。
そのためのひとつの方法である、
「成長の可能性を信じ、努力に敬意を表する」
ということに、是非取り組んでみて下さいね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090910
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
このメルマガでも、もう何度もご紹介しております、
世界一のギターメーカーを作った男、横内会長の
人生を学べる、素晴らしいセミナーがあります。
このセミナーは合宿セミナーであり、時間をたっぷりかけて
横内会長の考えの神髄が学べます。
また、横内会長を支える方たちの話も聞け、こちらもまた
とても勉強になります。
私も、昨年この合宿セミナーに参加しましたが、
とても刺激を受けました。
横内会長の人柄に、時間をかけて触れ続けて頂き、
本物と言われる人を、是非身近に感じて見て下さい。
ということで、この合宿セミナー、文句なくお勧めですので、
ぜひ、ご都合の合う方は、参加して下さいね。
詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.zenkokujinzai.com/info.cfm?id=92
また、現在横内会長をプロデュースされ、横内会長
関連の書籍も2冊出された後藤さんも、9月21日に
セミナーを行います。
会長からつぶさに学んだことを、自分のビジネス、
生き方にかみ砕いて落とし込んだ、その話をたっぷり
聞かせて下さるそうです。
たとえ素晴らしい人と出会えたとしても、その人からの
学び方を間違えてしまうと、もったいないでしょう。
後藤さんは、事業家として成功しながらも、横内会長から
今までの価値観がひっくり返るような教えをうけました。
しかしそれを、きちんとそこから自分のものにすることができ
さらに事業の発展を遂げていらっしゃいます。
これって、なかなかできないことなんですよね。
ということで、優秀で、かつ、「できた人」というのが、
後藤さんに対する、私の人物評であります。
そんな後藤さんから、メンターからの学び方の秘訣を
是非盗んで下さいね。
後藤さんのセミナーはこちら
 → http://www.zenkokujinzai.com/info.cfm?id=91
さて、昨日の我が家のネコブログ。
啓介、あつみ♂への指導がスパルタ過ぎ(笑)
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090909.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup