仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 12 view

自分の過去をどう扱うか

おはようございます。水野です。
本編の前に、10月のセミナーのお知らせを。
来月の10月2日に、「高品質セミナー作成講座」を
開催いたしますが、早期申し込み特別価格の期限が
今週の金曜日に迫ってまいりました。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非ご参加ください。
なお、受講された方の詳しい感想があります。
こちらをご覧ください。
 プロの研修講師の方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/uemura.html
 コンサルタントの方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/mori.html
 → http://sp.m-stn.com/jirei/yokosuka.html
高品質セミナー作成講座の詳しい内容・お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 
 ※ 早期割引特別価格は9月26日まで
さて今日は、先日当選した議員の方の話題について
考えてみたいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 田中美絵子議員の過去がすっぱ抜かれた
─────
先日、解散総選挙が行われましたね。
民主圧勝・自民惨敗ということで、政権が交代した
劇的な選挙となりました。
ここでは、旧自民の大物候補者が、民主の若手候補者に
負けてしまうという光景も、あちこちで見られました。
その中で、田中美絵子議員が、元総理大臣の森候補と接戦を
繰り広げ、あわやのところまで追い込んだことも、大きく
取り上げられていましたよね。
最終的に、田中氏は森氏を追い落とせなかったものの、比例区で
当選となりました。
ところが、最近のニュースで、この田中議員の過去が、
あれこれ取りざたされているようですね。
なにやら、昔は芸能界にいて、映画でヌードになっていたとか、
風俗ライターをやっていたとか、テレクラのさくらだったとか。
まあ、世間的な目で見ると、そんなことをしていたのか、
ということで、複雑な思いを抱く人も、きっと少なくない
でしょう。
その後、この件に関して9月14日の段階では、
まだ具体的な発言はないようです。
さて、皆さんは、この件について、どう考えるでしょうか?
 
 


━━━━━
  ● 自分の過去をどう扱うか
─────
私は別段有名人でも何でもないですが、それでも一応、
人前で話をしたり、本を出したり、こうしてメールマガジンを
発行したりと言ったように、不特定多数の人に、何らかの
働きかけを行っております。
そういう意味では、規模が小さいとはいえ、芸能人や
議員の方たちと同じような立場にあると言えるでしょう。
こういう立場に立つと、かならずと言っていいほど、
 ■ 自分の過去の取り扱い方
というものに、非常に気を遣います。
よくある話としては、人に話せる過去以外は、徹底的に隠し通し、
表に見せるイメージをコントロールしているケースがあります。
芸能人などの場合、こうやって、不都合な過去を一生懸命
握りつぶしながら、イメージづくりをしている、ということが
今でも結構あるようですね。
しかしながら、今は誰でも全世界的な情報発信が出来てしまう
時代ですから、そう簡単には、過去を握りつぶすことができません。
以前は、脅しやゆすりを目的に、ばらされたくない過去を
ほじくり返しては、当人に売りに行く、ということがよく
あったようです。
しかし、最近では、素人でも情報を集め、またお金以上に、
見つけた情報を公開することに生き甲斐を感じている人が
いるため、容赦なく見せたくない過去がさらされる事も
増えてきているようです。
そんな状況を鑑みるに、過去を隠すことというのは、
あまり得策ではないのでは無かろうか、と思うのです。
もちろん、いわなくても良いことをいう必要はないでしょう。
今回の田中議員の件についても、報告の義務もなかった
様ですし、違法行為をしていたわけではありませんから、
つまらないレッテルを張られ色眼鏡で見られるよりは、
いう必要のないことはいわずに、自分の政治への取り組み
姿勢を見せることによって選挙に臨んだのだと思います。
ただ、世の中には、人の揚げ足を取ることが生き甲斐だという
人も、少なからずいます。
そういう人は、他人の過去をほじくり返し、それを世間に
暴くことで、自分の存在意義やカタルシス、または収入を
得ているわけです。
ですから、名前が世に広まれば広まるほど、そういった輩からの
つまらないツッコミにも動じないでいられる必要があるわけです。
だからこそ、自分の過去を取り扱う場合、不都合なことを
隠すことだけで対処しようとすると、痛い目に遭うでしょう。
必要なことは、
 ★ 自分の過去のすべての出来事が、今の自分のためになっている
と言うことを、きちんと説明できることだと思うのです。
例えば、宮崎県知事の東国原氏も、そのまんま東として
芸能界で活動していたときは、警察沙汰になったことも
何度かありました。
しかし、彼はそれらの経験をすべて、県知事を目指す自分に
とって、糧となっている、ということを宮崎県民に認められた
からこそ、県知事として当選したのだと思うのです。
私自身も、かなりあけすけに、自分の過去を隠さずに語っています。
その理由は、隠すことによるデメリットの方が多いと思っている
ということと、何より、その過去があったればこそ、今の自分が
いる、ということを話すことで、過去から現在までの自分を
認めてもらうことが、一番皆さんとの関係をよくしていき、仕事も
やりやすいからなんですよね。
過去はいくら隠しても、一生自分について回ります。
切っても切れない関係ならば、無視したり遠ざけようとするより、
今の自分にとって、一番いい関係となるよう、過去を認め、
今の自分にどう行かせるかを考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
     自分の過去は、隠すよりも活かす意識で取り扱おう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
個人的には、今回の騒動によって暴かれた、田中議員の過去は、
これから政治家をやっていく上で、非常に優位に働くんじゃないかと
思っています。
コスプレ風俗ライターとか、ヌードで出演という、かなり体当たりな
行き方をしていた、と言うこと。
公式サイトを見ると、派遣でツアーコンダクターをやっていて、
こちらも体当たりで仕事をしてきたようです。
こうやって、目的のためならためらわず、いつでも身体を張って
あらゆる仕事に取り組んだという経験は、きっと政治の世界でも
役に立つと思うんですよ。
後は、彼女が、その過去の経験を、今後の自分の政治に
どう活かすのかを、きちんと説明し、その言葉通りに行動したら、
むしろかわいいだけじゃない、骨のある議員ということで、
支持されるんじゃないかなあ、と思うんです。
すべての過去は、自分自身のとらえ方と、人への伝え方によって、
隠しておきたい経験でも、財産となり得ます。
是非、自分の過去を、大切にしてあげて下さいね。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090916
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
昨日は、江東区の商工会議所で講演でした。
60名以上の方が集まって下さり、1時間半ほど
お話しさせて頂きました。
久しぶりに、半数以上が高齢者という状況で、
完全アウェイの中でお話しましたが、たまには
こういうのも良いですね。
明日は、某企業で、またまた60人を超える参加者での、
丸1日の研修です。
気合い入れて頑張っていこう!
さて、昨日の我が家のネコブログ。
新しい家族が続々増えています。大丈夫かな……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090915.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup