仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 29 view

思いやりの使い分け

おはようございます。水野です。
本編の前に、10月のセミナーのお知らせを。
来月の10月2日に、「高品質セミナー作成講座」を
開催いたしますが、早期申し込み特別価格の期限が
今週の金曜日に迫ってまいりました。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非ご参加ください。
なお、受講された方の詳しい感想があります。
こちらをご覧ください。
 プロの研修講師の方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/uemura.html
 コンサルタントの方へのインタビュー
 → http://sp.m-stn.com/jirei/mori.html
 → http://sp.m-stn.com/jirei/yokosuka.html
高品質セミナー作成講座の詳しい内容・お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 
 ※ 早期割引特別価格は9月26日まで
さて今日は、ネットで見つけたほのぼのと和んだお話を
ご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 恥ずかしがる猫
─────
ネットで見つけた、こんな心和むお話。
  夫と共に実家に遊びに行くと、猫が夫の近くに来て、
  なにか上目遣いな感じでもじもじくねくねしている。
  消え入りそうな声でニャ~ン…とか言ってる。
  夫から少し離れて、チラリと顔を見て、
  またもじもじくねくね、ニャ~ン…
  それをくり返す。
  どうも夫をどこかへ誘導したいみたい。
  「名犬ラッシーのようだ…」
  と言いながら誘導されていった夫がついていくと
  どうやら廊下に吐いてしまったものを片付けて
  欲しかった模様。
  「よしよし、きれいにしたからねー、大丈夫だよー」
  と言いながら夫が戻って来たが、まだもじもじしている。
  もう一カ所あった。
  ようやくホッとしたらしい猫。
  なんでわざわざ夫指名なんだろう? と考えてみたが、
  父母やわたしだとつい
  「あーあー、吐いちゃって…」
  とか
  「あー、汚いねー」
  とか口にしてしまうけど、夫は絶対にそういうことを
  言わないからだと思われる。
  「ウンコだって砂かけて隠したいんだから、
   ゲロだって見られたくはないはず。
   自分でも粗相をしたと思うけど、人に片付けてもらうしか
   ないから恥を忍んでるわけで、そこでわざわざ汚いとか
   言われたくないでしょ、猫も」
  という夫を尊敬した。
  猫も尊敬してる様子で、夫が昼寝してると添い寝しに来る。
 
 


━━━━━
  ● 思いやりの使い分け
─────
我が家にも、猫が2匹います。
うちのはあまり吐かないんですが、たまに吐いたりすると、
やっぱり申し訳なさそうな顔をするんですよね。
また、人間から見たら、わけわからないことをやったり、
変なことをするときもあります。
そんなとき、口の悪い私は、ついつい、
「あらら、汚しちゃったねぇ」
とか
「お前はお馬鹿ちゃんだねぇ」
とか言ってしまうんですが、いつもかみさんに
「この子たちにそういうこと言っちゃダメでしょ!」
と怒られてしまいます。
まあ、猫だから言葉は分かんないかな、とも思って
いましたが、このお話を見てみると、やっぱり、
どんな言い方をしても、伝わることは伝わるんだろうな、
と思い、二人に嫌われないように、思いやりの気持ちは
忘れないようにしないとな、と思いました。
思いやりって、大切ですよね。
あなたは思いやりのある行動がとれますか?
と聞いたら、多分、多くの人は、ハイと答えるでしょう。
私だって、一応思いやりの気持ちっていうものを持っている
つもりですから、ハイと答えます。
でも、ひょっとすると、今回のこの旦那さんくらいの
思いやりを持っているかといわれたら、ハイと答える人は
かなり減ってしまうんじゃないでしょうか。
  人間には思いやることが出来る。
  必要に応じて思いやることは出来る。
こういった、【条件付き思いやり】って、果たして
本当の思いやりと言えるのかなあ、と思うんです。
今回の旦那さんも、人間だからとか、猫だから、
ということでなく、
 ★ 思いやる対象がいると自然と思いやる
といったことが、きちんと体に染みついているようです。
きっとこの旦那さんは、条件付けて思いやるような人ではなく、
本当に自然と人を思いやれる人なんでしょうね。
この和み話を読んで、こんな人になりたいものだなぁ、
と思い、これからはうちの猫たちにもそうやって接して
いこうと思ったのでありました。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
   条件を付けず、どんな相手にも思いやれる気持ちを持とう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
私自身、気配り・気遣い・思いやり、といったことが、
まったく出来ないまま大人になってしまいました。
だから、38歳で心を入れ替えたときに、あわせて、こういった
ことも出来るようになろうと、訓練しているんですよね。
しかし、この辺の所は、なかなかマスターすることが出来ません。
ちょっとでも気が抜けちゃうと、すぐにわがままで自分勝手な
人間としての顔が出てきてしまうんです。
まあ、良くない時期が長かったから、一朝一夕では身につかない
とは思いますが、今回の話を読んで、
 ■ 無意識のうちに、条件付けて気遣いや思いやりをやっていた
ということに気づいたんですよね。
やっぱり、どれだけ一生懸命訓練しても、
 ★ 訓練のベースにある心根がずれたり足りないと身につかない
と思いました。
心を入れ替えて、またこの訓練に取り組んでいこうと思いました。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090917
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
今日から三浦海岸で研修、ということで、三浦海岸に
前日入りしております。
海が近いという事で、海の幸を期待したいところですが、
今回も、味を楽しむ時間もなく、帰ることになる可能性が
高い模様。
せめて、夕飯だけはと思って、駅前のスーパーで
にぎり寿司をかってホテルに入りました。
これから、寿司をつまみつつ、明日の最終準備に
取りかかります。
さて、昨日の我が家のネコブログ。
ニセ啓介現る! って、すぐ分かるよ……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090916.html
 
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメルマガは、出来るだけ新鮮な気持ちをお届けしたく、
基本的に毎日書きためをせずに書いております。
新鮮さが売りであるがゆえ、時には体調が万全でないときに
書くこともありますし、時間に追われ、慌てて書くこともあります。
そのせいか、時々文章がおかしかったり、誤字も多いのが玉に瑕の
メルマガでありますが、毎日、その時の想いをタイムリーにお届け
する、というところを一番大事にしたいと考えておりますので、
そのあたりは、どうかご容赦下さいませ。
     ※※ ご理解のお願いです ※※
最近、教材や商品、セミナーのご紹介の依頼を頂くことが良く
ありますが、基本的には全てお断りしております。
このメルマガで紹介しているのは、面識のある方で、直接
サービスを受けて良かったと思えるものだけをご紹介している
状態であります。
面識のない方からの、依頼を受けてのご紹介は、基本的に
やっておりませんので、その旨ご理解くださいませ。
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://bizmakoto.jp/bizid/mizuno_index.html
★☆ ツイッター、始めました。
 → http://twitter.com/mizunohioshi/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup