仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 35 view

一流の部下力とは?

おはようございます。水野です。
本編の前に、10月のセミナーのお知らせを。
いよいよ明日、「高品質セミナー作成講座」の
特別割引価格が終了します。
10月2日に行われるこのセミナー、諸般の事情により、
今年最後の開催となります。
次回開催は、2月以降の予定となっています。
セミナーを開催されていらっしゃる方、研修講師の方、また、
自社内で講師を内製化しようとお考えの教育担当者の方で、
 ★ 受講者の成長を促すことを本気で考えている方
は、是非、この機会にご参加ください。
高品質セミナー作成講座の詳しい内容・お申し込みはこちら
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 
 ※ 早期割引特別価格は9月26日まで
さて今日は、ご自身が部下の立場にある人に向けて、
役立つ考え方をご紹介したいと思います。
では、早速参りましょう!
  
 
━━━━━
  ● 私の大先輩
─────
私の企業研修の大先輩であり、かつまた友人の上村光弼さん
という方がいらっしゃいます。
私の教材を購入して下さったのをきっかけに、セミナーにも
参加して下さいまして、以来、陰に日なたにおつきあいを
させて頂いてます。
研修経験16年。お一人で活動されているにもかかわらず、
2007年度には、なんと企業研修や講演のみで、年商1億円
という売り上げを達成した方でもあります。
また、この方の人脈も大変広く、とくに大手企業の経営者
の方からも懇意にされていらっしゃるとのこと。
普段のお話で伺っている方には、パソナの社長とか、
リンクアンドモチベーションの社長、アシックスの会長、
と言った方たちのお名前があがってきています。
会うたびに、本当にすごい人だなぁ、と思える人であります。
私自身、どうしてこの人はそこまでの成果を生み出す
ことが出来たのか、と言うことを知りたくて、会うたびに
いろいろお話を伺ってきました。
もちろん、成功した理由として、能力もあり、勉強も熱心で、
努力家の人である、と言うことはありました。
しかし、実際には、そういう人たちでも、成功している人と
そうでない人に分かれますよね。
では、上村さんがなぜ成功できたのか。
それは、この人が「一流の部下力」を持っていたからなんです。
 
 


━━━━━
  ● 一流の部下力とは?
─────
「一流の部下力」と言う言葉。
これはうがった見方をすれば、
 ■ 上司にとって都合の良い部下となれ
とも受け取れることでしょう。
しかし、そういううがった考え方が大間違いだという
ことが、上村さんのお話を伺うと分かってくるのです。
ここからは、私自身が上村さんのお話を聞いて
私なりの考えをまとめたものですので、上村さんから
見ると、違うと思えるところもあるかもしれませんが、
まあ大きく間違ってはいないと思います。
上村さんは、過去たくさんの人から学んでいました。
そのとき、その学びの対象となる先生を決めたら、
その先生の部下になってしまうんですよね。
もちろん、先生の方が部下と認定したわけじゃないですよ。
でも、先生が部下と思うかどうかなど関係なく、
一番弟子になるくらいのつもりで、その先生に対し、
一流の部下力を発揮するんです。
そうすると、先生の方も注目しますよね。
で、
  「こいつのために、骨を折ってやりたいなあ」
と思うわけです。
そうやって、実力を認められながら、あわせてかわいがられる
能力を発揮することで、素晴らしい人脈とともに、多くの仕事に
巡り会うことが出来るようになったんですね。
単なるごますりや、こびへつらいじゃなく、
 ★ 上の人を活かすことが、自分を活かすことにもなる
ということを本能的に知っていて、それを素直に実践
出来る人だったわけです。
だからこそ、驚くような成果を手にすることが出来たんですよね。
私などは、上に挙げた人のように、うがったものの見方をしてしまい、
上司にとって都合の良い部下なんかになるものか、と思って
突っ張って生きていましたが、上村さんの生き方を見るにつけ、
 ★ 何とももったいないことをしてしまったものだ
と思えてなりません。
もしあなたが部下という立場にあり、今以上の成果を出したいと
思うのならば、是非、一流の部下力を発揮するような考え方に
気持ちを切り替えてみて下さいね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 上司を活かすことが自分を活かすことと知り、一流の部下力を発揮しよう
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
そんな上村さんが、今回本を出されました。
タイトルは今回のメルマガのタイトルにもありました
「一流の部下力」というものです。
この本は、会社で働く人であり、その中でも上司の下で
働く部下の方たちに向けて書かれた本です。
いかに、上司と円滑なコミュニケーションを取り、
そして評価される部下となるために必要な
 スタンス力
 印象力
 コミュニケーション力
 信頼構築力
 仕事力
 成長力
 困った上司対応力
 志力
という8つの力を伸ばす方法が書かれています。
社内での人間関係力強化を、部下が身に付けるべき
視点として書かれていて、なかなか読み応えがあります。
私は、本以上に、上村さんご本人をよく知っており、
この中に書かれていることを、上村さん自身がやって
いる姿も見たり聞いたりしています。
ですから、この本に書かれていることを実践したら、
かなりの効能は間違い無く得られる、と確信しています。
なお、今日中にアマゾンでこの本を購入すると、
3つの特典がついて来るそうです。
せっかくの機会ですから、是非特典も手に入れて下さいね。
と言うことで、詳しくはこちらをご覧下さい。
   → http://sinkan.jp/special/buka/cam.html
ちなみに、11月21日に、上村さんと私水野とジョイントで、
出版記念講演を行います。
決まり次第ご案内させて頂きますが、ご興味ある方は、
予定を開けておいて下さいね。
今日のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20090925
  ※リンク先にはコメント欄があります。
   なかなかお返事ができませんが、
   よかったら感想や、叱咤激励など、
   聞かせて下さいね。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
      2009年10月2日金曜日に開催決定!
 ライブセミナーの詳細はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 DVD教材はこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsem/?sid=3t
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
私の本『結果を出す人の勉強法』も、ようやく印刷所から
あがってくるとのことです。
書店に並ぶのが、いよいよ来週の週末から。
すでに、amazonでは予約購入が出来るようになっています。
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769610130/mizuno0e-22
ということで、発売前に、ご興味ある方のために、
本の一部をチラ読みできるようにしました。
もし、私が書いた本『結果を出す人の勉強法』に
興味がある方は、是非、以下のフォームより、
お申し込み下さい。
もれなく、
 ・はじめに
 ・目次
 ・序章
 ・おわりに
をpdfにしたファイルをダウンロードにて
プレゼントいたします。
また、あわせて、ご自身のブログやメルマガで、
この本を紹介して下さる方も募集しています。
ご自身のブログやメルマガでこの本を紹介して下さる
という方、抽選で50名の方に、本をプレゼントさせて
頂きます。
単に本の内容に興味のある方も、本のプレゼントを希望
される方も、まずは、ほんの一部をご覧下さい。
ということで、『結果を出す人の勉強法』のpdfファイル
お申し込みはこちらからどうぞ。
 → http://sp.m-stn.com/info_book/present/
さて、昨日の我が家のネコブログ。
ネコ好きの人の収集癖は、不思議ですよねぇ……
 → http://ameblo.jp/keisukeatumi/day-20090924.html
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup