仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 23 view

下町ロケットとシン・ゴジラに見る、働き方の違い

お正月休みに、撮り溜めていた「下町ロケット」、一気に見ました。

前回下町ロケットも当然見ており、大いに興奮しながら見たで、今回も、非常に楽しみに見たんですよね。

で、期待に違わず、非常に面白いドラマになっていました。

いやあ、しかし、あドラマに出てくる人たちは、非常に感情豊かな人たちですね。

立てて怒鳴る。

これでもかと人憎む。

嬉しかったら叫ぶ。

やたら泣く。

もう、これでもか、といわんばかりに、大騒ぎしながら、働いているんですよね。

で、私、これ見ていて、シン・ゴジラ中で出てくる人たち働き方と、随分違うなあ、と思いました。

シン・ゴジラ方は、主役たちが役人、ということもあるでしょうが、彼らはもう、終始淡々と、自分仕事こなしていました。

なんと言っても、怪獣映画ですから、下町ロケット以上に、シチュエーション的には緊迫感があります。

だから、あドラマ以上に怒号が飛び交ったって、おかしくないはず。

でも、そういうことは一切無し。

基本的には、ひたすら、粛々と、淡々と、各自仕事こなしていく。

見た方ならお分かりかと思いますが、最後、ゴジラ倒したときシーンなど、一番象徴的でしたよね。

ここ一番所ですから、登場人物たちが大騒ぎして喜ぶかと思いきや、しんと静まりかえった室内で、全員が、「ほっ」とため息つくだけ。

下町ロケット人たちだったら、そりゃあもう、建物が揺らぐんじゃないか、ってくらい大騒ぎするだろうに、シン・ゴジラ人たちは、ため息ひとつだけなんですよ。

まあ、役人と民間人違いとか、ビジネスと有事という状況違い、という事もあるでしょうが、私的には、こ両者働き方違いが、とても面白いなあ、と思ったんですね。

ある人たちは、感情仕事場に持ち込みながら働く。

ある人たちは、感情仕事場に持ち込まずに働く。

どちらが良くてどちらが悪い、ということは無いですが、こ両者が、一緒職場で働く、という事となると、はたしてどうなるか。

おそらく、互い理解しようとしなければ、色々とすれ違いが起きてくるでしょうね。

感情仕事場に持ち込むタイプ人が、感情仕事場に持ち込まない人見ると、やる気がなさそうに見えたり、何考えているか解らないと思ったり。

逆に、感情仕事場に持ち込まないタイプ人が、感情仕事場に持ち込むタイプ見ると、なんでいちいち感情的になるか意味不明だと思ったり、うっとおしい
存在だと思ったり。

そうやって、お互い理解がないために、いろんなすれ違いが起きていき、コミュニケーションが上手く取れなくなった結果、仕事に悪影響が出てしまった、という経験した人もいるでしょう

仕事場に感情持ち込むかどうかについては、そ性格やポリシーによって人それぞれでありますが、チームで働いている人は、少なくとも、そ違いがある、ということ理解した上で、お付き合いしていきましょう。

ちなみに、以前私は、思いっきり感情仕事場に持ち込むタイプであり、

「感情持ち込まない人間はやる気がないヤツだ!」

と決めつけて腹立てる人間でありました(汗)。

最近は、感情は持ち込みつつも、感情持ち込まない人考えも理解出来るようになったで、取り立てて腹も立たなくなり、ストレス無く仕事が出来るようになりました。

なお、感情については、次回メルマガで、どように付き合っていけばいいか、というお話していきたいと思います。

感情とつきあい方に困っている人は、おたしみに。


今日まとめ

★ 感情、仕事場に持ち込む人と持ち込まない人がいる
ということ理解しておこう。


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事