仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 14 view

力を入れてはいけない

日常の中で、比較的よく使われる、

「力を入れる」

という言葉は、一般的には、そう悪い
言葉ではなく、むしろ良い言葉として
扱われることが多いですよね。

なんか、やる気に満ちていて、前向きな
イメージを感じる、という人が多いの
ではないでしょうか。

しかし、この力を入れる、ということ
良い事ばかりではありません。

特に、結果を出す必要があるときに、
この「力を入れる」ということをして
しまうと、かなりの確率で失敗しますね。

それはなぜか。理由があります。

そもそも、結果を出すためには何が必要か
というと、

★ 自分の能力を最大限に出す

ことですよね。

つまりこれは何かというと、力を入れる
のではなく、力を出す、ということなん
ですよね。

いや、力を出す、ではまだ違う。

もっと正しく言うと、

「力が出る」

という状態が、一番ベストなんです。

出そうとしなくても、自然と総ての
力が出てしまうというのが、良い結果を
出せる、一番良い状態なのです。

しかし、勘違いをしている人は、そういう
ときに「力入れて頑張ります!」みたいな
事をやってしまう。

そうすると、何が起きるかというと、

★ 心身がリキんでしまう

という事になるわけです。

こういうりきみがでてしまうと、自分の
力が思うように出てこなくなってしまい
ます。

よく、若手の芸人さんが

「爪痕を残そうとして失敗しました」

なんてことを言ってる事がありますが、
これなどまさに、リキんで実力が発揮
出来なかった状態なんですよね。

まさに、爪痕を残そうとして、深い傷跡を
残してしまった、という笑えないことを
していたわけです。

でも、大きな結果を出す人たちは、こういう
ことをよく知っていますので、本番直前は
あえて、自分をリラックスさせていきます。

オリンピック選手などが、試合前の
インタビューで、

「自分なりに、楽しんできます!」

な土という、一見腑抜けたようなコメントを
言ったりしますが、それも自分をリラックス
させ、自分の実力が100%出る状態に持っ
て行かせるためなんですよね。

なので、もしあなたが、何か結果を出さな
ければいけない状態になったら、是非、力を
入れるのではなく、力が出る状態になるよう
リラックスを心掛けて下さい。

また、自分が面倒見ている人が、結果を出さ
なければ池に状況に立ったときには、絶対に
結果を出せ! みたいな、力が入ってリキん
でしまうようなことは、言わないで下さい。

本番直前にリキんで頑張るのではなく、それ
以前の、充分な学びやトレーニング、または
仕込みや準備に、力を入れていきましょう。

本番は、リラックスリラックス♪

ということで、私も、合唱演奏会本番に、
リキんでしくじらないよう、じっくりと
準備に時間とエネルギーを注ぎたいと
思います!

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031