仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 24 view

師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

自分より、知識や経験が上の人で、思慮
深く、あなたを育てようとしている人が、
あなたに対して、

「これをやってごらん」

と言われたとき、あなたはどうしている
でしょうか?

やれと言われたことを、出来るか出来ない
かで考え、出来ないと判断したら、やらない
でしょうか?

または、正しいか正しくないかを考え、
正しくないと判断したら、やらないで
しょうか?

もしそうだとしたら、その考え方は改めて
とにかくアドバイス通りのことをやってみる
ことをお勧めします。

なぜなら、そういう人たちが言っている
アドバイスの「やってごらん」は、

■ これが出来るようになりなさい
■ これが正しいのでやりなさい

という意味で言っている時もありますが、
けっこうな確率で、

★ やってみると、解ってくること、
見えてくることがあるよ

という意味で言っているケースがあるん
ですよ。

いや、むしろ、育成をテーマにしている
ときは、やってみると解ること見える事が
あるよ、と言う思惑で

「これをやってごらん」

というケースの方が多いように思います。
だから、上の人から「やってごらん」と
言われたときは、とりあえず、言われた
ことをすぐにやることをお勧めします。

特に、師弟関係にある人から言われたら、
四の五の言わずに、即やりましょう。

必ず、何かしら前に進みますから。

なんてことを言っている私もね、結構
へそ曲がりなところがありますから、
納得いかないとすぐにはやならかった
ことが何度もありました。

でも、結局、自分が変わらず、仕方なく
やれと言われたことをやったら、いきなり
ブレイクスルーが起きた、なんてことを、
何度も経験していくうちに、やれと言われた
ことはやった方が良いな、と思うように
なりました。

特に、納得のいかないことや、やる意味が
分からないような事ほど、それをやってみた
後のブレイクスルーや気づきが大きかった
ように思います。

だから、最近は、四の五の言わずにやる
ようにしています。

あなたも、是非、言われたことを即やって
ブレイクスルーを起こしていって下さいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup