仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 31 view

頼みもしないのにアドバイスをされたときの心構え

今日は、他人から求めてもいないのに、
アドバイスをもらって、悩んでしまう人に
向けてのお話。

いつも頭を悩ませている編集後記ですが、
ネタ探しをしていたら、本編に使える
話を見つけましたので、今日はそちらを
ご紹介します。

初めてのお子さんを産んだお母さんの
体験話です。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

150 名前:名無しの心子知らず[sage]   投稿日:2005/12/11(日) 11:53:03 ID:KQx0QpZh

産院を退院する時、先生に

「これから育児に関して色んな口出ししてくる
 人がいると思います。

 ~した方がいい、という言葉には耳を傾ける
 価値がありますが、

 ~するのは間違ってる、という言葉には、
 そういうことを言う人こそが間違ってる
 と思って、
 
 あなたのご家庭なりの子育てをしてください」
 
 と言われた。

あの言葉のおかげで、初めての育児がとても
ラクに過ごせています。

ありがと、先生。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

育児に限らず、人生において、人からアドバイス
されたときに、耳を傾けるべきことは、

「~した方がいい」

という言葉であり、

「~するのは間違っている」

という言葉は、基本役に立ちません。

前者の言葉は、具体的な行動を示しています。

しかし、後者の言葉は、具体的な行動を全く
示しておらず、ただ自分の身勝手な価値観を
ぶつけ、こちらを否定しているいるだけ。

だから、そういう言葉は、聞き流すべきもの
なんですよね。

それよりも、何をするのか、を常に自分で
問いながら、具体的な行動をし続けていき、
あとは結果に対して、責任を取りながら、
そこから学べばいいだけなんですよね。

善悪・正誤は、法律やルールという、明確な
社会的・客観的な基準があるものでも無い
限り、他人からとやかく言われるものでは
なく、自らが信条として守っていればいい
だけのこと。

それを他人に、それも頼みもしないのに
アドバイスという形で押しつけてくる人の
言うことを、一切聞く必要はありません。

それよりも、自分の責任の元、自分の信条で
善悪・正誤を守りながら、自分がどう行動
するか、意思決定していきましょう。

それが、他人に振り回されずに生きる、
かなり重要なポイントになるでしょう。

このスルースキル、是非身に付けて下さいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup