仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 52 view

自分の人としての器を広げる具体的な訓練法

おはようございます! 水野です。
先週は、価値観について、3本のメルマガを書きました。


【あなたが大切にしている重要な価値観はなんですか?】

あなたが大切にしている重要な価値観はなんですか?


【自分を大切にしている人、していない人】

自分を大切にしている人、していない人


【あなたが大切にしている価値観は実は大切にしているのではなく……】

あなたが大切にしている価値観は実は大切にしているのではなく……


で、本日のテーマは、「自分の人としての器を広げる方法」と
いうことでお話したいと思います。
年を重ねれば重ねるほど、また、仕事などで役職が上がれば
上がるほど、多くの人をまとめたり、率いたりしていく役割を
求められてきます。
また、年齢を重ねなくとも、普通ならば、多くの人たちと
接していきながら、仕事をしていかなければなりません。
こういうときに、人としての器が小さいと、周りの人たちに
振り回されたり、イライラさせられたりしてしまいますよね。
また、人間関係だけで無く、自分自身を成長させる
場合でも、自分自身の器が狭いと、貴重な教えも、
「納得いかん!」「受け入れられん!」と思って
取りこぼしてしまい、非常にもったいない。
しかし「自分の器を広げる」といっても、具体的にどうしたら
いいのか、分からない、という方も多いでしょう。
実は、自分の器を広げる、具体的な方法があります。
それは、先週お話しした「自分が大切にしている価値観」を
使って行う訓練法なんですよね。
やり方は、
 ★ 自分が一番重要だと思わない価値観を、
   一旦自分の価値観の上位において生活してみる
というもの。
先週もおはなしした通り、価値観を大切に生きていくためには、
日々自分が大切にしている価値観を意識していく必要があります。
その中に、ひとつだけで良いですから、普段の自分なら
大切に思えないような価値観を入れておき、それを大切に
しようと意識しながら生活してみるのです。
できれば、身近にいる人で、なかなか上手く人間関係を築けない
人が大切にしている価値観か、自分にとって、結構抵抗がある
価値観をあえて選んで取り入れてみましょう。
これを行うと、他人が大切にしている価値観を、擬似的とはいえ、
自分も大切にしながらしばらく生きることになります。
そんな生活をしてみると、今までとは違う、考え方や思考の枠が
生まれてくるんですよね。
そうやって、その価値観を大切にしたいと思う人の経験を
することで、以前よりは自分と違う価値観を持つ人たちを
受け入れられるようなメンタリティが作り上げられていく、
というわけであります。
私自身も、仕事が上手くいかず、何をやっても、何を学んでも
事態が好転しない状態に陥ったとき、これをやったんですよ。
その時の私は、
 「スピード」「理論」
というものを大切な価値観にしていました。
どうせ成功するなら、素早く、一足飛びに成功したい、という事と
何をさておいても利来る理論が重要で、非論理的なことを言う人や
感情優先の人が大嫌いだったんですよね。
しかし、結果として、これを大切にしていても上手くいかない
訳です
ですから、この2つをランク外にして、その代わりに
 「蓄積」「感情」
というものを、重視していこうと考えたのです。
スピード命、とばかりに一足飛びに成功しようとするのではなく、
地道に、小さなことをコツコツと積み上げて行く、という蓄積を
大切にすること。
例え非論理的であったとしても、相手がそう思うということや
今の相手がどんな気持ちなのかということを、最優先に汲み取り、
決して理屈で相手を論破しないという、感情を大切にすること。
この2つに取り組んで行ったところ、短期間で事態が好転して
いったんですよね。
その後も、講師業を行って行くにあたり、自分の器の小ささに
向かい合わされましたが、そのたびに、自分がないがしろに
していた価値観を、一旦上位に持ってきて、それを意識しながら
生きていくことに取り組んで行くうちに、徐々に自分の器と
いうものが広がってきたように感じます。
また、面白いことに、こうやって、自分の価値観を、時々
意識的に入れ替えて行動していくことで、
 ★ 自分らしい生き方を見つけることが出来る
という効能もあったんですよね。
私自身も、先ほど書いたように、以前はスピードと理論が
重要な価値観でありましたが、これを蓄積と感情に置き換えた
ことで、新しい視点が生まれると共に、
「ああ、今まで重要だと思っていた事は、自分にとっては
 さほど重要では無かったんだなぁ」
という事に気付かされたんですよね。
一足飛びの成功を求めるより、積み上げて行くことの方が
確実であり、息の長い成功が出来ること。
理論は全くないというのは問題ではあるけれど、その何倍も
感情を大切に生きていった方が、豊かな人生が送れるということ。
そうでなくてもせっかちですし、理屈はこねたがる性分。
でも、以前はそれが成功するために必要であり、
無くてはならないと思い込んでいたのだけれど、
実は私にとっては全くそんなことは無かった。
だから、この2つは、あえて大切にする価値観には
しておかなくてもいい。
それより、自分が今まで大切にしていなくて、しかも大切に
してみたら、ことのほか大切であるということが実感出来た
蓄積と感情こそ、自分が大切にしている価値観として上げ、
それを日々意識しながら生きていこう。
そう思って生きるようになってから、他にも色々な価値観を
折に触れて入れ替えてみては、自分の生き方として、
しっくりくるかどうかを試しているんですよね。
そして、そうやって色々な価値観を大切にしていく中で、
振り返ってみると、以前に比べて、ずいぶん自分はいろんな
価値観を肯定的に受け入れられるようになって来たんだなあ、
と実感するようになって来たのです。
もちろん、以前の自分が、かなり小さな器だったんで、
広くなったと言っても、まだまだ相当小さい器なんですが(苦笑)。
でも、自覚できるくらいの変化が生まれたということは、
この訓練方法、結構役に立つんじゃ無いかと思うんですよね。
ということで、自分の器を広げたい方、是非チャレンジ
してみて下さいね。
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20140303
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら感想を聞かせて
   下さいね。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 各種セッションを受け付けております。
水野とマンツーマン、または組織メンバーとでセッションを
行うサービスです。
テーマはご自由ですが、主に以下のテーマをお持ちの方たちが
私のセッションを受けて下さっております。
フリーランスの方々
 ・ご自身の専門スキルを活用して起業したい方の
  ビジネスモデル構築コーチング
 ・セミナーや研修カリキュラムの構築コンサルティング
経営者の方々
 ・組織を成長させ、社会への貢献力を高める、
  事業ビジョン・ミッションの策定サポート
 ・理念/ビジョン/ミッションを日常の業務レベルにまで
  落とし込むためのプロセス構築サポート
 ・メンバーたちが自発的に行動し、全員で成果を生み出す
  力を身に付ける、チームビルディングとメンバー教育の
  プログラム立案
水野とのセッションをお考えの方は、まずはこちらから、
ご相談のお申し込みをお願いします。
http://sp.m-stn.com/order/coach/index.html
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
http://www.mstoneshop.com/
● ライブセミナーのお知らせ
セミナーをビジネスに活用するための考え方やノウハウを
お伝えする公開セミナーを行います。
このセミナーは集客のプロの方とジョイントで行います。
士業やコンサルなど、自分のプロフェッショナルスキルを
効果的に広めて、クライアントを獲得したい、と考えて
いる方は、是非いらしてくださいね。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://seminar-biz.net/ 
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
これ、サービスなのか? 嫌がらせじゃないのか?
241: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/25(火) 02:29:58.83 ID:oy/Q7vNP
 読み上げという言葉に反応して黒歴史を思い出した。
 美容院とかそういうの多いじゃん?
 で、そういう店に行ったんですよ。
 「今日はどのようなイメージで?」
 と聞くもんだから、とある映画のジョニーデップの髪型が
 気に入ったので、切り抜き見せて、こんな感じで、と言ったら、
 「お任せください!ジョニーデップで!」
 とでかい声で言いやがった。しかも、店の奥まで伝達で
「ジョニーデップで!」「ジョニーデップで!」「ジョニーデップで!」
 と、何の罰ゲームかと。結果は満足だったけど、会計のときも
 「イメージ通りのジョニーデップに仕上がりましたか?」
 ってえらいこと恥ずかしかった。 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup