仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 61 view

部下を信頼する前にしておくべき信頼とは?

どうもです! 水野です。
信頼をテーマにした、メールマガジンシリーズです。
企業研修などで、リーダーの立場にある人が
「部下を信頼するためにはどうしたら良いか」
という事を知りたがるケースがあります。


この手の人たちは、部下を信頼する前に、
「そもそも自分は、人間そのものを信頼しているか?」
と問うてみた方が良いでしょう。
部下に対して深い信頼を持つためには、その前に、
人間というものを、深く信頼しておく必要があります。
なぜなら、部下は人間だからです。
この、当たり前のことを、多くの人が忘れ、その部分を
ないがしろにしたまま、部下に対して信頼出来るかどうかを
考えてしまうんですよね。
そんな状態で、きちんと部下を信頼することなど出来ません。
だから、部下云々の前に、まずは
「自分は人間を信頼しているか?」
ということを、まず自分の胸に問う
必要があるのです。
 
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日の自身力・まとめ
      リーダーは、部下を信頼しているかを問う前に
      まずは人間を信頼しているかどうかを問うべし
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
では、人間を信頼する、とは、いったいどういうことでしょうか。
これは、人それぞれ、考え方があると思いますが、ひとつの例として、
私がどう考えているかをお話しましょう。
私がここで言う「人間を信頼する」というのは、一言でいってしまえば
 ・人は、人を幸せに出来る素晴らしい存在である
ということを、徹底的に信頼する、ということに尽きます。
私自身は、人間には、素晴らしいところだけでなく、醜い
ところも、誰しもが持っていると考えています。
そのあたりのことは、こちらのメルマガでも書いていますので
ご覧下さい。
【自分の醜さを無くそうと思っているのに無くならない人へ】

自分の醜さを無くそうと思っているのに無くならない人へ


では、部下という人間が、素晴らしい部分と醜い部分、
どちらを表に出てくるか。
そこに対して影響を与えるのが、リーダーが、
人間に対して、どういう信頼を持っているかに
かかってくると思うんですよね。
リーダーが人間に対しての素晴らしさを絶対的に信頼していれば、
部下という立場の人間からも、素晴らしさが引き出されて来る
ものだと、私は思うのです。
もちろん、以前のメルマガでも書きましたが、ビジネスを行う以上、
信用をきちんと測って部下と接していく必要はあります。
でも、その前に、部下を信頼すること、さらにその根底には、
人間そのものを信頼する、という姿勢が必要なんですよね。
是非、あなたなりに、
「人間をどのように信頼するか?」
という事を考えてみて下さいね。
ちなみに、2月6日に行う、
        【メンバーを信頼する技術】
   ~影響力のあるリーダーに必須のスキルを身に付ける~
では、この点についても、皆さんと一緒に考えていきたいと
思っています。
ですので、メンバーの素晴らしさを弾き出すベースを作りたい、
という方は、ぜひこの講座にいらしてくださいね。
詳細とお申し込みはこちら
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20160206/
 
 
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20160120
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
 
 
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションサービス
通常のコーチングに、深層意識やスピリチュアルな
アプローチを加えた、自身の生き方や使命を深く
読み解くセッションです。
弊社マイルストーンのビジネスとは若干毛色が違うので、
別のブランド名で行っております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

セッションメニュー


■□ 各リーディングのskypeセッションも始めました! ■□
なお、カリキュラム構築等のコンサルティングサービスは
引き続き行っておりますので、ご希望の方は、こちらより
お申し込み下さい。
http://sp.m-stn.com/order/coach/form.php/
● 各種教材販売のお知らせ
自己表現や情報発信力、教材開発のスキルを磨く各種教材は
こちらからお求めになれます。
12月24日~12月31日まで、前教材半額セール実施中!
http://www.mstoneshop.com/
 
 
━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立し他ものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ああ、最近温厚になって来たオレだけど、
この手の人には、切れてしまいそうになる……
264 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]  投稿日:2016/01/17(日) 14:34:27.48 ID:D2bU0gLC.net
 わかりづらいうえに長文です、すいません。
 上司が私に用事を頼むときに
 「本当はAをしてほしいんだけど、申し訳ないからBでいいよ」
 という頼み方をする。
 俺は部下にそういう気遣いができる上司なんだといつも周囲に
 自慢している。
 しかし実際にはAからBに変わったところで私の負担が減るどころか、
 かえって面倒になることが多い。
 例えば応接室にコーヒー10個もってきてと頼むときに
 コーヒーはコーヒーメーカーで作るのだけど
 「10個も大変だから俺の分だけはインスタントコーヒーでいいよ」とか、
 「俺の分だけは緑茶でもいいよ」とか。
 メーカーで作ったコーヒーは苦手なのかと聞くと
 「いやコーヒーメーカーの方が美味しいんだけど、
 君も忙しいだろうから少しでも負担を減らしてあげようと思って」。
 全部メーカーで淹れたほうが楽ですと説明しても
 「でも悪いからさ。俺、インスタントでも全然気にしないし大丈夫だから」
 あとは、A4の資料をA4サイズで10枚コピーしてほしいのに
 「(10枚のうち)3枚はA5サイズでもいいよ」とか。
 本当にA4が7枚とA5が3枚ほしいのなら別に文句はないし、そう
 頼まれれば勿論ちゃんとやるけど
 聞いてみると、できればすべてA4がいいのだけど申し訳ないから
 3枚はA5にし て あ げ る、とのこと。
 資料を配る相手のうち7人はお偉いさんだからA4じゃないと
 失礼になるけど、残り3人は若手社員だからA5でも我慢する
 だろうし何も言ってこないと思うよ、って。
 わざわざ3枚だけサイズ変えるという手間をかけた上に人に
 我慢させるって、誰も得しないんだけど。
 すごく嫌な上司ってわけじゃないけど、いつも微妙に気に障る。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事