仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 146 view

夢を叶える、ということは、恐怖と対峙することである

どうもです! 水野です。
前回、前々回と、心屋仁之助さんが武道館公演を行うこと
に絡めて、色々と書いています。
【普通の人が武道館に立つということ】

普通の人が武道館に立つということ


【水野は心屋仁之助に嫉妬をしないのか?】

水野は心屋仁之助に嫉妬をしないのか?


で、今日は、最後にもう一度、心屋さんが武道館に立つ
ことについての話を、私が勝手に解釈したお話をさせて
ただこうと思います。
あらかじめ断っておきますが、これは私が勝手に思って
いることであり、心屋さんが本当にそう思っているか
どうかは解りません。
なので、私の勝手な妄想が暴走する書き方になるかと
思いますし、これが心屋さんの想いとは違うことも
あるかと思いますが、あえて、勝手な私の妄想として、
これを書かせて頂く、という事をご了承下さい。
ということで、私の妄想暴走、スタート(笑)。
心屋さん、ピント外れだったら、ゴメンね(笑)。
……
心屋さんは、武道館に立つこと後が夢でした。
そして、今回、その夢が叶うこととなります。
これだけのことを見ると、多くの人が、
「心屋さんは、夢が叶って、さぞ喜んでいるに違いない」
と思っているでしょう。
しかし、この「夢が叶う」というのは、叶った人にとっては、
実は非常におそろしく、大変なことでもあるのです。
なぜなら、夢とは、自分の知りうる現実を越えたところに
あるもので、全くの未知の領域のものであり、夢を叶える
ということは、
 ★ 全くの未体験の世界に飛び込んでいかなければいけないこと
だからであります。
そこは、まともに生きてきた大人であれば、不安と責任の
プレッシャーで押しつぶされそうになるようなところであり、
決して、
 「夢が叶う! わーいわーい!」
などと浮かれていられるようなところじゃないんですよね。
私自身も、彼ほどではないにしても、思いもしなかった夢が
叶ったときが、何度かありました。
例えば、高校3年生の時、私が指揮をしていた高校の合唱部が、
NHKコンクールの東京地方予選を最優秀校として勝ち抜き、
東京本選に進出した時のこと。
当時の高校合唱は、入賞上位クラスの合唱部は、音楽の先生が
指揮をしていて、学生指揮者が各地区の本選参加に選ばれると
いうことはまずありません。
しかも、東京本選開催の場所は、NHKホール。
紅白歌合戦が行われる場所であり、数々の素晴らしい芸術家達が
その舞台を踏んだ、という、もう憧れのステージなのであります。
だからこそ、学生指揮の団体であるうちの合唱部が、並み居る
強豪を勝ち抜き、本線に出場して、NHKホールの舞台に立つ、
というのは、目標というよりも、壮大な夢、だったんですよね。
しかし、私が3年の時に、運良く勝ち抜き、本線に出場する事に
なってしまった。
それが決まった当初は、もちろん嬉しかったですよ。
でも、次の本番が近づくにつれ、徐々に恐怖と不安が
自分を襲うようになって来ました。
果たして、自分のような若造が、こんな舞台に指揮者として
立ってもいいのだろうか。
他の合唱団よりも、うまく演奏出来るんだろうか。
みっともない指揮をしてしまい、団員達がうまく歌えず、
恥をかかせてしまったりしないだろうか。
もう、とにかく、おそろしい不安に押しつぶされそうに
なりながら当日を迎えました。
本番は本番で、団員の手前、笑顔で大丈夫だよ、
などと言ってはいたものの、もう心臓はバクバク。
シャレや冗談じゃなく、心臓を吐きだしてしまい
そうなほどの吐き気に襲われながら、舞台袖で待機。
いざ名前を呼ばれ、会場に向かってお辞儀をして、
指揮台に立っても、全身が震えている始末。
本当に、演奏が終わるまでの間は、
「いっそ殺してくれ!」
と何度神に祈ったか。
それくらいの不安と、当日の恐怖に震えていたんですよね。
処女出版が決まったときも、決まった瞬間は嬉しかったですが、
最終的に本が出来、ちまたに出回り始めるまでは、やはり同じように
未知の不安や、品質や販売数という責任から生まれるプレッシャーで、
本当にしんどい思いをしたものです。
つまり、自分にとって大きな夢が叶う、というのは、このほど左様に
 ★ 押し寄せる不安とプレッシャーと向かい合い、乗り越えていく
という事なんですよね。
 「いやいや、それは水野だからそれだけ狼狽するんでしょ。
  天下の心屋仁之助さんともあろう人なんだから、
  そんな不安やプレッシャーなんか感じないでしょ」
 「好きなこと、楽しいことを思いっきりやってるんだから
  きっと、そんな不安やプレッシャーなんか感じずに、
  脳天気に喜んでるに決まってますよ」
と思う人もいるかもしれませんが、私としては、そんなことないと
思うんですよね。
一昨日のメルマガでも書いたように、心屋さんは、元々は、
ごく普通の人なんですよ。
大前提を書き換えて生きて大きく変わっては来ていますが、
でも、大元は、ごく普通の人なんです。
しかも、元大手企業の管理職として働いていた、社会的
常識を持った人間でもあるんですよ。
根は普通でまともな人が、変な気を起こさずに働いていたら
普通にそこそこ豊かな生活をしていられたはずなのに。
なのに、カウンセラーとして独立しただけでなく、
その後テレビに出て売れっ子になるだけならまだしも、
50直前に歌手として活動し始め、ついには武道館に立とう、
などという破天荒なことをしているんですよ。
普通でまともな人が、自分のまだ見ぬ可能性を信じて、しかも
自分が想定する以上の流れに、あえて飛び込んで、その流れに
身を任せ、想定外の領域に自分を運んでいこうとしている訳です。
それが、普通の人間である彼にとって、どれだけ大きな
不安とプレッシャーを与えているか、ということは、
想像に難くない。
であるにもかかわらず、普通の人間である心屋仁之助は、
 ★ 「大きな夢をかなえる」という恐怖と対峙する覚悟をした
わけです。
その、恐怖との対峙の最終試練が、この武道館公演なんですよ。
だからこそ、その最終試練に立ち向かう彼の勇姿を、
私は直接自分の眼に焼き付けたい。
そして、その最終試練に立ち向かう彼の勇気を称え、
応援しに、武道館に行きたい。
そして、その最終試練に立ち向かう彼の姿を、
私は1人でも多くの人に見て頂きたいのです。
だからこそ、連日連夜、こうしてメルマガで、彼の武道館公演を
応援しているのであります。
それを踏まえた上で、私はしつこく言いたい。
そしてあえて「べき」という言葉を使おう。
もしあなたが、
 ・自分の世界を変えたい
 
 ・自分の殻を破りたい
 ・本当の自分を生きたい
 ・そして、自分の本当の夢を叶えたい
そう考えている人ならば、全員、2017年2月8日の
武道館に来るべき。
そこで、ひとりの男が、自分の夢を叶えるという恐怖と対峙し、
そこを乗り越えていく姿を見るべき。
そして、その姿に触発されたあとは、自分自身の現実の持ち場に
戻って、自らの夢をかなえるべく、そこで生まれるであろう恐怖と
向かい会う覚悟を決めて、あなたもまた、自らを解放し成長させる、
大きな決断を自らに下すべき。
そんな「べき」に、恐れず向かい合う覚悟を決めるため、
2月8日のこの日に、大きな恐怖と対峙する心屋さんの姿を
一緒に見守るために、あなたはこの日、武道館に来るべきなのです。
そんな、心屋仁之助さんの武道館公演の詳細はこちら。
http://s.ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12224548489.html
★☆イベントのお知らせ★☆
12月16日に、無料のWEBセミナーを開催します!
視聴登録、または詳細はこちらをご覧下さい。
http://crash-coaching.xyz/lp/8137/607842/
【第20回】自身力養成講座
  転職・独立をする際の心構えと考え方
   ~後悔しない人生の選択をするために~
 12月17日 14:00~17:00
http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20161217/
 ■ 定員20名 残席9席!
自分と他人を理解するユング的タイプ論ワークショップ
 12月23日 10:00~18:30
 http://m-stn.com/seminar/bf/mbti/
 ■ 定員15名 残席5席!
【第4回】性格改善トレーニング
2017年1月24日 9:30~17:00
 http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
 ■ 定員6名 残席1席!
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20161214
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
うちの子たちのメジャーデビュー(笑)を記念して、しばらく
ここの編集後記は、かみさんのネコブログ紹介
今日はこちら。
実に、啓介の体型に合った内容だこと(笑)
http://ameblo.jp/keisukeatumi/entry-10401295258.html#main
そんなうちの子が載っている,心屋仁之助さんの本はこちら
【ネコになってしまえばいい】廣済堂出版
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331520579/mizuno0e-22
※ 166pと168pに載ってます!
その心屋仁之助さんの武道館単独公演会が、2017年2月8日に
開催されます! 当日は会場で会いましょう!!
詳細はこちら!
http://s.ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12224548489.html

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事