仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 10 view

昨日の答えは……

おはようございます。水野です。
先日来よりお伝えしております、高品質セミナー作成講座の
ライブセミナー、お申し込みがいよいよ本日いっぱいとなりました。
教材を購入して下さった、プロの研修講師の方に、具体的な
感想も伺うことが出来ました。どういった内容のものか、
こちらでもご確認下さい。
 → http://sp.m-stn.com/jirei/uemura.html
セミナーの詳細とお申し込みはこちら。
 → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/?sid=3t
 ※ 12月4日本日いっぱいまで申込み受付中
さて今回は、昨日、一昨日のメルマガで取り上げた、
「仕事と私、どっちが大事」
と質問されたときの回答についてですが、昨日のメルマガだけでは
伝わらなかったようですので、今回はきちんと答えを書こうと思います。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 正解が分からない人、50%超
─────
一昨日の質問編
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/598977.html
そして、昨日の解答編
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/600859.html
と、恋人や奥さんに「仕事と私、どっちが大事なの?」と
聞かれたときの対処法について、ちょっと変わった角度から
お話しさせて頂きました。
で、昨日のメルマガは、解答編と入ったものの、
すぐに答えが分からないよう、ちょっと暗号のように
メルマガ本文に潜ませました。
これについて、クリックアンケートで分かったかどうかの
質問をしたところ、500名近い方たちからクリックを
頂きました。
で、アンケートの結果を見ると、
分かった人より分からなかったという人の方がわずかに多く、
約半数以上の方が、あそこに仕込んだ解答を見つけられなかった
ようでした。
その人たちは、きっと気持ち悪いだろうな、と思いますんで、
今回は、昨日の解答を、きちんとお知らせしたいと思います。
 
 


━━━━━
  ● 知っているはずなのに出来ない
─────
今回はもったいぶらずに解答をお知らせします。
「仕事と私と、どっちが大事なの?」
と詰め寄られたときの答え、それは、
「さみしい思いさせてごめんね」
であります。
女性がこういった質問をした裏の意図は、ほおっておかれて
さみしい気持ちが強くなり、それを相手に対してぶつけている、
ということになるわけですよね。
そのさみしさからくる怒りを分かって欲しい、という
きもちで、こういう質問をするわけです。
だから、口から出てきた質問ではなく、そういうことを
いわせてしまっている気持ちに対して、答えてあげないと
いけない訳です。
だとすると、一番適切な言葉が、
「さみしい思いをさせてごめんね」
になる、と、こういう訳です。
クリックアンケートでコメントを寄せてくださった方も
たくさんいらっしゃいました。ありがとうございます。
ただ、やっぱり男性は少々ピント外れの答えが多く、
この解答に近い答えを上げてくる人は、皆さん女性でした。
さらにピントが外れてしまった男性陣のために補足させて
頂きますと、女性陣の解答は、謝罪以外に、何らかの金品等を
要求する答えが多く寄せられておりました。
「さみしい思いさせてごめん。今度○○するから許してね」
的な解答が多いようでしたよ。
つまり、ここまでいわせてしまう、ということは
 ★ 謝ればすむだけの問題ではなくなっている
と解釈した方がよろしいかと思われます。
なお、男性の答えの中でかなりの数を占めていた答えに、
「そんなこと言う女性とはそもそもつきあわない」
というのが多く寄せられていましたが、そういった考え方の
行き着くところは、熟年離婚、だと思われます。
「そんなこと、そもそも女性に言わせない」
といった心意気で、優しく接していかれた方がよろしいかと思われます。
水野浩志、あくまで女性の味方です(きっぱり)。
ということで、答えを知って、皆さんすっきりしましたか?
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
         知ってすっきり、だけでいいの?
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今日のメルマガ、実はここからが本題であります。
社会人教育の現場で活動している人間として、痛切に感じているのが
今回のように、
 ■ 知ってすっきりした話ほど、実生活で使われずに忘れてしまう
ということなんですよね。
多分、このお話、多くの人がしばらくしたら忘れてしまうでしょう。
そして、1,2年のちに同じ質問をしても、また答えられない状態に
なってしまうのだろうと思います。
今回の話も、良好な人間関係を築くにあたって、とても役に立つ
考え方を提供しているはずなんですよ。
でも、クイズみたいに出題してしまうと、その本質の話に意識が
いかず、答えだけを追い求めてしまいがちになります。
で、結果、その答えを知ってしまうことで、すっきり感を
得てしまい、本質的な話を忘れ、
 ■ そのうち忘れられてしまう情報
として、脳内で処理されていってしまうのでしょう。
そうさせないために、一番いい方法は、
 ★ 実際に使ってみる
ということが一番です。
ですから、男性諸氏は、今からすぐに、恋人、または奥さんに
 「今まで、『仕事と私とどっちが大事なの』って思ったことある?」
と質問してください。
さほど仕事は大事でない、という人は、【趣味と私】等、適宜適切な
語句に置き換えて聞いてみましょう。
そして、
「あるわよ」
という返事が返ってきたら、そこで心を込めて、
「さみしい思いをさせてごめんね」
と言ってあげてください。そして、相手の反応をきちんと感じてください。
これで、今回得た情報が、クイズ番組でしか役に立たないような
単なる知識レベルから
 ★ 行動を通じて得られた、貴重な経験値
となってくれることでしょう。
前々回のメルマガでもお話ししたとおり、これが唯一無二の
正解といったものはありません。だから、
「そういってくれてうれしいわ」
と喜ばれ、おかずが一品増えるかもしれませんし、
「あんた、なんかまた悪いことしたの!」
と、痛くない腹を探られるかもしれません。
しかし、どちらに転んでも、それは貴重な経験値。
単に知っただけの知識より、のちのあなたの人生に
大きく役に立ってくれることでしょう。
そんな経験値をたくさん身に付けていきましょうね。
 
 
   ★☆★☆ お礼とおしらせ ★☆★☆
このメルマガ「1回3分でレベルアップ! 相手の心を掴むトーク術」が
「まぐまぐ大賞2008」にノミネートされました!
ありがとうございます!
 → http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/
引き続き、12月8日まで、部門賞・大賞の選考があるそうです。
もしこのメルマガを推薦しても良い、と思われたら、上記サイトに
アクセスし、「ビジネス・キャリア部門」の中からこのメルマガを
選んでいただき、推薦してくれるとうれしいです。
 
 
 ┌───
┌────
● 参加者の行動を変え、成果を生み出す研修・セミナーの構築手法を学ぶ
      ★☆★☆  高品質セミナー作成講座  ★☆★☆
            ~ ライブセミナー ~
              12月7日開催!
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/semsemlive/index.php?sid=3t
   ※お申込期日本日いっぱい!
 ┌───
┌────
● 文章が苦手だった私が、あることに気づいただけで人の心を動かす文章が
  書けるようになりました。その『あること』とは・・・
   「読み手の心をググッと掴む! 人の心を動かす文章の作り方」
  詳しくはこちら
   → http://sp.m-stn.com/seminar/bunsyou/index.php?sid=3t
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
ところで、昨日のメルマガの、どこにあの答えが仕込まれていたのか、
ということについて、まだお話ししていませんでしたね。
昨日のメルマガ、2段目の冒頭の文章をご覧ください。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
さて、答えの前に皆さんに考えてみて欲しいことがあります。
みなさんが、もし今回の女性のような質問を、皆さん自身が
したと考えてみてくださいね。
いったい、この質問したときの心境とはどう行った状態でしょうか。
思っていることは、「仕事と自分と、相手がどちらを選ぶかを聞きたい」と
いうことではありませんよね。
さらにいうなら、実はもう、これは質問ではないのかもしれない。なぜなら
せっかくその質問に相手が答えたとしても、その答を聞いて納得し
て相手を許す気持ちになることなどないからです。
ご立腹状態なわけですよ。つまりは。
めんどうなことに、人は往々にして、その怒りを怒りとして伝えず、ぜ
んっぜん違う形で表現することがある訳です。
ね、ここまで書いたらもう答えは解りますよね。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
携帯メールですと、ちょっと読みにくいかな、と思いますが、
この文章、各行の行頭を縦に読んでみると、
「さみしい思いさせてごめんね」
と書いてあることが分かると思います。
この「縦読み」というヤツも、きっとほとんどの人が以前
見たり聞いたりしたことがあると思うんです。
でも、日常的に使われているような知識ではないと、
思い出せないものなんですよね。
つくづく、知識は持っているだけじゃ役に立たないと思い知らされますね。
★ 今日のメルマガはいかがでしたか?
  面白かった、役に立った、という方は、
  ぜひ下記をクリックして下さい。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?20081204m
  ※コメントも書けるようです。
   もし良かったら一言声かけて下さいね。
今日の我が家のネコブログ。うちに来たばかりのころの写真です。
 → http://plaza.rakuten.co.jp/mrika/diary/200812030000/
 
 
★☆ 現在、Biz.IDにて週1回連載しています!
 → http://www.itmedia.co.jp/bizid/mizuno_index.html

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ひとり歩きのススメ

  2. 誕生日を迎えた日に、もし、こんなタイムマシンがあったら、と想像する

  3. 学んだ人ほどよく落ちる、醜い落とし穴とは?

  4. 師からのアドバイスは四の五の言わずにやった方が良い

  5. 揺らがぬ自信を身に付ける方法

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031