仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 113 view

ありがたい言葉を受けて、成功する人・ダメになる人の違いは?

世の中にはたくさんのありがたい言葉が出回っています。

しかし、同じ言葉を受け止めても、人によって、様々な結果の違いが出て来ますよね。

特に、自己啓発的でよく効く言葉などは、まったく同じものでも、人によっては、その言葉によって大成功する人もいれば、その言葉によって、大失敗してしまう人もいます。

同じ言葉を聞いているはずなのに、この両者になぜ大きな違いが起きるのだろうか?

私が思うには、

■ 自分の中にある「言葉の置き所」を間違えていたから

なのではないか、と。

言葉の置き所とは何か。私が考えるに、三つの場所があります。

ひとつ目は、自分自身のあり方の根本的な部分を司るところ。
であり、これを私は「前提条件」と呼んでいます。

ふたつ目は、日常生活において、意識してこのように考えていこう、という所で、ここを「心掛け」と呼んでいます。

そして、みっつ目は、物事を判断する場合に使う所で、ここを「判断基準」と呼んでいます。

そして、人はみな、ありがたい言葉を頂くと、その言葉を、「前提条件」「心掛け」「判断基準」の場所のうちのどこかに、置いているのです。

ありがたい言葉を聞いて成功する人は、ありがたい言葉を受けたときに、このみっつの場所を睨みながら、

「この言葉は、どこの場所に置くべきか?」

と考えて、適切な場所におきます。

逆に、ありがたい言葉を聞いても成功できない人は、このみっつの場所の存在を意識していないので、適当な場所に置いてしまいます。

例えば、昨年の12月27日に発行したメールマガジン、

【ミスが許されない部署のリーダーこそ「何があっても大丈夫」と考える必要がある理由】

で紹介した、「何があっても大丈夫」という言葉は、本当にありがたい言葉だと思います。

ミスが許されない部署のリーダーこそ「何があっても大丈夫」と考える必要がある理由

しかし、ミスが許されない現場で働いているリーダーが、この言葉を「判断基準」の場所に置いてしまうと、まともな
判断が出来なくなり、とんでもない事になってしまいますよね。

では、この言葉は、どこに置けば良いのか、というと、一番根本となる「前提条件」に置くべき言葉なんですよね。

そうやって、どんなことがあっても、なんとかなるという心根を定めておく。

その上で、ミスが許されない現場ですから、「絶対にミスをしない」という言葉は、心構えにきちんとおく訳です。

そうやって、前提条件と心構えをきちんと整えた上で、例えば、医療の現場で、「患者の命の継続を最優先にする」
という判断基準があったら、それに従って意思決定していく。

これが、ありがたい言葉を,自分の人生に活かす、大切な考え方だと思うんですよね。

また、ありがたい言葉には、矛盾があることも多いです。

「そのままの自分で良いんだよ」

という言葉がある一方で、

「昨日の自分より今日の自分を成長させよ」

なんていう言葉もあります。

これらは、言葉だけ取れば、矛盾しているように見えますが、それは、同じ土俵に並べるから問題になるんです。

これらの言葉は、例えば、

  • 前提条件に「そのままの自分で良いんだよ」を置き
  • 心構えに「昨日の自分より今日の自分を成長させよ」を置くとすれば、ありのままの自分を受け入れながら、そんな自分の中にある伸びしろを見つけ、そこを伸ばしていこう、という考え方が出来ますよね。

これを、同じ土俵においてしまい、矛盾があるから、といって片方を切り捨ててしまうと、成長の努力を放棄した生き方をしてしまったり、自分を受け入れられないまま、自分に合わない成長の努力をして苦しむことにもなりかねません。

なので、色々とありがたい言葉を学んではいるけれど、今ひとつ上手く行かないな、という実感がある人は、今まで学んだ、そのありがたい言葉のそれぞれを、

  • 前提条件
  • 心構え
  • 判断基準

の、どこにおいているのか、是非確認してみて下さい。

また、矛盾があるとして捨ててしまった個と場立ちも、是非改めて拾い集め、どこにおいたらしっくりくるか、考えてみましょう。

そして、場所の入れ替えを行いながら、自分の人生がどう変わるのかを、確かめてみて下さいね。


今日のまとめ

・ありがたい言葉も、自分の中の置き所によって、
毒にも薬にもなる
・その置き所とは「前提条件」「心構え」「判断基準」である。


 

併せてこちらもお読み下さい。

ありがたい言葉をどこにおくか、その試行錯誤の方法

メルマガバックナンバーの最近記事

  1. ~公開セミナーのご案内~ リーダーは、人を育てる事に時間とエネルギーを奪われてはいけない

  2. 部下が発達障害ではないか? と疑いの気持ちが芽生えたときは

  3. 適切な答えを引き出す、簡単でシンプルな質問の方法

  4. 愛情を持って見守るということ

  5. それは愛情ではないし、それは非情でもない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930