仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。少々辛口なところもあり,時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってくることでしょう。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 23 view

「責任をとる」という考えが生み出すものとは?

どうもです! 水野です。
昨日のメルマガを書きながら気付いたんですが、
以前の自分は、自分が責任をとる、と考えたとき、
無意識のうちに、
 ■ 他人を信頼しない
というスイッチが入っていたように思うんですよね。
 
自分が責任をとらなければいけないのだから、
望む結果が出るように、周りを見張り、
期待通りの言動をとらない人間を
一所懸命にコントロールしようとしていた。
これはまさに、だれも信頼していない状態そのものであります。
 
だから、責任をとる、と考えるときは、いちいちしんどい
思いをしていたんですよね。
 
 
では、今はどう考えているか、というと、「責任をとる」という
言葉自体が、実はもうおかしいんじゃないかと思っているんですよ。
 
責任というものは、
 ★ 自発的にとっていくものじゃなく、常について回っているもの
だから、とろうとするかしないかは関係なく、結果的に責任は
とることになるものなんですよね。
 
あとは、とれる責任ととれない責任があり、とれない責任は
とらないけれど、それによって起きた出来事に対して、また
結果的に責任をとることになり、その責任もとれるものと
とれないものがあって……っていうことがぐるぐる回って
いくだけの話なんですよね。
 
だから、以前考えていたように、積極的自発的に責任をとって
いこうなどと考えることは辞めさいきんは、もっぱら
「無責任で行こう」
と決めたんですよ。
 
一見乱暴でひどい考えのように思う人もいるでしょう。
しかしこれは、責任をとる、といいながら、勝手に余計な思いを
背負い込んで、他人を信頼しなくなるような、その考えから、
自分が脱するために必要な考え方だったんですよね。
 
責任をとると考えて、周りを信頼せずに見張るのではなく、
周りを信じ、周りを見守るというスタンスに立てるように、
責任というものから生まれる、悪しき執着から解き放たれる
ために、あえて、無責任で行こうと考えることにしたのです。
だから今は、無責任に生きているけど、みんなのことを信頼している、
というベースで関係を作っていますし、見守りはするけど見張りはしません。
また、うまく行っても行かなくても、そこで責任とるだのとれだのと、
ギャーギャー騒ぎ立てず、その時にやった方が良いことを、ただただ
粛々とやっていくだけ、という生き方になってきたんですよね。
 
で、このように生き方を変えたら、以前と比べて、うんと楽に
生きられるようになったし、周りの物事も、今までと比べものに
ならないくらい上手く回るようになっていったんですよ。
 
そういう生き方が出来るようになった今、改めて思うに、
いったい、あのときに考えていた責任とは、なんだったんだろう?
 
自分も周りも苦しめる「責任」を、なぜ一所懸命にとろうとしていたんだろう?
 
もう、ほんとにね、あほちゃうか、と(笑)。
 
ということで、ひょっとしたら、以前の自分と同じような人が
いるかもしれないので、よかったら、このメルマガを読んだ上で、
もう一度、あなたが大切にしている責任というものについて、
考え直してみて下さいね。
★☆イベントのお知らせ★☆
【第21回】本当に役に立つ目標の立て方
   ~やる気が生まれ1年が充実する目標作りの秘訣~
 2017年1月21日 14:00~17:00 東京・池袋
 http://m-stn.com/seminar/ownforce/s20170121/
 ■ 定員20名 残席15席!
【第4回】性格改善トレーニング
 2017年1月24日 9:30~17:00
 ■ 定員6名 満席御礼!
【第5回】性格改善トレーニング
2017年2月19日 9:30~17:00 
 http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
 ■ 定員6名 残席3席!
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20170112
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
うちの子たちのメジャーデビュー(笑)を記念して、しばらく
ここの編集後記は、かみさんのネコブログ紹介
今日はこちら。
あつみのかわいさは卑怯なレベルだ! の第2弾(笑)
http://ameblo.jp/keisukeatumi/entry-10453356809.html#main
そんなうちの子が載っている,心屋仁之助さんの本はこちら
【ネコになってしまえばいい】廣済堂出版
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331520579/mizuno0e-22
※ 166pと168pに載ってます!
その心屋仁之助さんの武道館単独公演会が、2017年2月8日に
開催されます! 当日は会場で会いましょう!!
詳細はこちら!
http://s.ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12224548489.html
そして、あなたが武道館公演を見に行った方がいい理由、
3部作として書き上げました。是非読んで下さい。
【普通の人が武道館に立つということ】

普通の人が武道館に立つということ


【水野は心屋仁之助に嫉妬をしないのか?】

水野は心屋仁之助に嫉妬をしないのか?


【夢を叶える、ということは、恐怖と対峙することである】

夢を叶える、ということは、恐怖と対峙することである

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

メルマガカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

popup