仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 160 view

ハングリー精神というヤツは必要なものなのか?

どうもです! 水野です。
スティーブ・ジョブズの有名な言葉に、2005年のスタンフォード大学で
行ったスピーチの最後に語った、
Stay hungry,Stau foolish.
ハングリーであれ、愚かであれ。
そんな風にいわれていますよね。
で、このハングリーであれ、ってことなんですが、
日本でも、昔からハングリー精神、なんてことが
もてはやされていて、昭和の時代が長い、私ら
50代よりも上のなどは、もうこの言葉を信条に
生きて来た、と言っても過言ではないんですよ。
終戦で全くもののない時代から、豊かさを目指して
ジャパン・アズ・ナンバーワンまで登りつめることが
出来たのも、この、ハングリー精神があったればこそ、
とも言えるでしょう。
確かに、ハングリー精神ってヤツは、ものすごいエネルギーを
生み出し、ものすごい頑張りや成長につながる事も多々あります。
しかし、ジョブズが行っているStay hungry と、多くの日本人が
口にするハングリー精神とは、同じものなのか、と言うと、
ちょっと違うような気もするんですよね。
昭和世代の我々が行っていたハングリー精神とは、
一言でいえば、
 ■ 不足・欠落を埋めよう
という意味合いが強かったと思います。
なので、常に、自分の外の物差しを意識し、足りないものを
探し求めていく、という状態なんですよね。
もちろん、こういうことが悪い訳では無いのですが、
多くの場合、その求めているものが、
 ★ 本当に自分が求めているものではない
という事も、結構あるんですよね。
なので、本当に自分が求めていないものを求めて
人生を遠回りしている人たちもたくさんいますし、
仮に足りないものを手に入れても、結果的には
満たされない、と言う人もたくさんいます。
ではジョブズはどうだったか。
彼は、外の物差しと比べて、足りないものを求めて
ああいう人物になっただろうか、と言うと、そうは
思えないんですよね。
彼の場合は、不足、欠落を埋めようとして、
ハングリーであったのではなく、
 ★ 夢や可能性に貪欲であった
と思うのです。
だからこそ、あれだけユニークな商品やサービスを
世に送り出すことが出来、世の中を大きく変えることが
出来たのだと思うんですよね。
なので、必死に外の物差しをガイドに、不足、欠落を
埋めようと頑張ってきた我々のような古い世代の人間が
ジョブズの言葉を上っ面だけ鵜呑みにし、
「やっぱりハングリー精神がなくちゃダメなんだ」
と言いながら、若い世代に、物差しをぶつけては、
「お前はあれが足りない、これが欠落している」
とジャッジをしながら、
「ジョブズも行ってるぞ、ステイハングリーだ!
 お前も、もっとハングリー精神を出していけ!」
と言いながら、不足欠落を求めさせようと詰め寄り、
それでいうことを聞かないからといって、
「最近の若い奴はハングリー精神がない」
などと嘆くことのないように。
我々おっさん世代が植え付けられたような、
変な見栄やプライドなんか、彼らには無いし、
もっと心が喜ぶような生き方ができる連中ですから。
そこをきちんと理解して指導をしたら、
本当に彼らは良い仕事をしますよ♫
★☆イベントのお知らせ★☆
【第22回】 自身力養成講座 ~テーマ未定~
 2017年2月11日 14:00~17:00 東京・池袋
 ■ 定員20名 ※募集開始迄少々お待ち下さい
【第5回】性格改善トレーニング
2017年2月19日 9:30~17:00 
 http://m-stn.com/seminar/bf/manual01/
 ■ 定員6名 残席3席!
自分と他人を理解するユング的タイプ論ワークショップ
 3月5日 10:00~18:30 東京・飯田橋
 ■ 定員15名 ※募集開始まで少々お待ち下さい。
今日のメルマガはいかがでしたか?
良かったと思ったらクリックしてください。
   → http://clap.mag2.com/maedroutri?J20170124
  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、質問やご相談などをぜひ聞かせて下さい。
   質問やご相談は、メルマガ紙上でお答えさせて
   頂きます。
━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━
● 個人セッションにご興味ある方はこちらへ

セッションメニュー


● 継続セッションの無料相談面談始めました
  詳しくはこちらへ

私、プチンと切れてしまいました。


━━━━━
 ● 自己紹介も兼ねて書いた、過去のバックナンバーのご紹介
━━━━━
社会人になってから、独立するまでの私の足跡を
『私のサラリーマン物語』にまとめました。
→ https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1264594.html
また、独立したものの、最初の事業に失敗し、そこからはい上がったのち、
紆余曲折をしてきた人生を、『私の成長物語』としてまとめてみました。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/935139.html
2012年に起きた、自分の人生にとっての大きな転機となった
2日間の出来事を綴った「独白シリーズ」はこちらです。
人生に行き詰まっている人には、励みになるかも。
 → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/1832670.html
 
 
━━━━━
  ● 編集後記
─────
うちの子たちのメジャーデビュー(笑)を記念して、しばらく
ここの編集後記は、かみさんのネコブログ紹介
今日はこちら。
ホント、猫の習性って、不思議ですなぁ……
http://ameblo.jp/keisukeatumi/entry-10482088787.html#main
そんなうちの子が載っている,心屋仁之助さんの本はこちら
【ネコになってしまえばいい】廣済堂出版
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331520579/mizuno0e-22
※ 166pと168pに載ってます!
その心屋仁之助さんの武道館単独公演会が、2017年2月8日に
開催されます! 当日は会場で会いましょう!!
詳細はこちら!
http://s.ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12224548489.html
そして、あなたが武道館公演を見に行った方がいい理由、
3部作として書き上げました。是非読んで下さい。
【普通の人が武道館に立つということ】

普通の人が武道館に立つということ


【水野は心屋仁之助に嫉妬をしないのか?】

水野は心屋仁之助に嫉妬をしないのか?


【夢を叶える、ということは、恐怖と対峙することである】

夢を叶える、ということは、恐怖と対峙することである

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup