仕事上の人間関係や働き方の悩みに、効果があるブログです。時々チクリとしますが、読んで実践すれば、心も楽になり、仕事の成果も変わってきます。

  1. メルマガバックナンバー
  2. 67 view

初めてのセミナー~失敗からの這い上がり

さて今日は、週末限定でお送りしている、私が今まで
歩んできた中で得た成長の奇跡をお話ししましょう。
では、早速参りましょう!
 
 
━━━━━
  ● 前回までのあらすじ
─────
現在、毎週末は、私の自己紹介も兼ね、「私の成長物語」を
連載しています。
自分が起業してから今に至るまでの出来事をお伝えしながら、
「人間が成長する」
ということについて、自分の体験を元に考えてみたいと思います。
過去のメルマガは以下をご覧下さい
 私の成長物語 起業の失敗~這い上がる決意
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/908545.html
 私の成長物語 這い上がる決意~禁煙決断
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/909552.html
 私の成長物語 禁煙決断~禁煙開始
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/910902.html
私の成長物語 禁煙開始~小さな実績
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/911507.html

私の成長物語 小さな実績~新ビジネスの足がかり
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/912402.html
私の成長物語 新ビジネスの足がかり~具体的展開はどうすれば……
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/913397.html

私の成長物語 具体的展開はどうすれば~メルマガとの出逢い
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/914362.html
私の成長物語 メルマガとの出逢い~カリキュラムのアップグレー ド
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/915242.html
私の成長物語 カリキュラムのアップグレード~教材開発準備完了
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/916312.html
私の成長物語 教材開発準備完了~販売開始!
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/921703.html

私の成長物語 販売開始~初めてのセミナー
   → https://mizunohiroshi.m-stn.com/archives/921965.html
さて今回は、2003年4月24日にいよいよ初のセミナーを行う、
というお話であります。
が、このことについては、ちょうどその1年後に、そのときの
セミナーを振り返って書いたブログがありますので、その記事を
そっくりそのままご覧頂こうと思います。
ちょっと不謹慎なキーワードも出てきますが、あえてリアルに
その言葉を感じて頂くためにも、そのまま表記しておきます。
では、早速参りましょう!
 
 


━━━━━
  ● 初めてのセミナー~失敗からの這い上がり
─────
ブログタイトル:脱オナニー記念日
2003年の4月24日、私は初めて悪習慣の
公開セミナーを行いました。
2時間半のセミナー。料金は5000円。
1300人くらいのメルマガ読者に対して告知をかけました。
募集結果は……0人。
何度か告知を打ってみたのですが、誰も参加してくれませんでした。
仕方がないので、知り合いに連絡をして、何とか6人の
知り合いと、知り合いの社長が連れてきてくれた2人の
従業員に参加してもらいました。
初めてのセミナーで緊張し、怖くてどうしようもなかった私は、
とにかく気合だけで話しました。
もうみんなの反応なんか見ている余裕はありません。
いいたいことだけ言い切って、後は合間合間に参加者同士
話し合わせ、その間は部屋の後ろに逃げ込んでなるべく
参加者と接触しないようにしていました。
そして、セミナーが終了したあと、参加してくれた一人が
私に言ってくれた感想が、この
「あなたのオナニーに付き合わされたような気がしたわよ」
という言葉だったのです……
「氏名:秘密、住所:地球、連絡先:連絡しないでね」
同じ日のセミナーで集めたアンケートの中にあったものです。
知り合いの社長が連れてきた、従業員が書いたものでした。
社長に無理やり連れてこられたうえ、よほど不快なセミナー
だったのでしょう。
あまりにもふざけた、そして、私を傷つけようとする意思を
持ったアンケートでした。
セミナー終了後にオナニーといわれ、帰りの電車の中で、
このアンケートを見て、私は家に帰り着くなり、布団に
もぐりこみました。
そして……それから3日間、布団の中でうめき続けました。
自分を批判した人間を否定してしまえば、どれだけ気持ちが
楽になったか。
でもそれをしたら、自分はここで終わってしまう。
そんな気がしました。
だから、うめきながらこの2つの事実を
受け入れようとしました。
でも、そのときの自分にとって、このことを受け入れるには、
あまりにもつらい事実でありました。
自分自身の全否定の言葉を受け入れることは、
あまりにつらいことでした。
だから、布団の中で
「うぉー!! うぉーーー!!!」
と、三日間、のどが枯れても、ただただ叫び続け、
この逃げられない苦痛に身もだえし続けていたのでした……
あれからちょうど1年めの2004年の4月24日。
あの時とまったく同じテーマで、1日セミナーを行いました。
参加者一人ひとりと接していきながら、楽しんでもらいながら、
また時にはヒーヒー言いながら、ワークを行ってもらいました。
おかげで参加者の皆さんも、いろいろな気づきや行動のヒントを
持って帰っていただけたようです。
アンケートを見ると、いろいろな気づきや、かえって早速取り組む
ことなどが、喜びの声とともに書いてありました。
どれだけ役に立ったかということについても、半数以上の方が満点を
つけてくれ、平均点も10点満点中9.13点という高得点を
いただきました。
しかし、それ以上にうれしかったことが、セミナー終了して
まだ1日しかたっていないのに、すでに2名の方から成果報告を
いただけたことです。
アンケートの喜びの声を読みながら、そして、成果報告を聞きながら、
私は一年前のことを思い返しました。
  あの時、オナニーセミナーと揶揄してくれたおかげで。
  「連絡しないでね」と拒絶してくれたおかげで。
今私は、こういったセミナーを開けるようになりました。
だから、私を揶揄したこの二人に対して、心から感謝するとともに、
2003年4月24日のこの日を
  「脱オナニー記念日」
として、一生忘れずにいようと思ったのでありました。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……………‥‥
           今日のトーク術・まとめ
 成長の内容・中身は? …… 全否定されたコメントを受け止めた
 成長のエネルギーは? …… このままではだめになるという恐怖
‥‥……………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
生まれて初めての公開セミナーで、あまりに厳しいコメントを
ふたつももらった、ということは、今にして思えば、本当に
ありがたかったことと思っています。
あくまでも、今にして思えば、ということですけどね。
当時は、本当につらかった。
だけど、非常にラッキーだったことは、一旦自分なりに
落ちるところまで落ちていた、という経験でした。
上にある、成長のエネルギーの変化を見て頂けていた方なら
おわかり頂けるかと思いますが、つい先日までは、
  「自分の至らない所を直せば成長できる」
ということでしたが、今回のように、人格否定的な
罵倒をされると、「至らない所を直せば成長できるぞ」
といった程度の話だけでは、踏ん張りきれないんですよね。
もう、弱虫といわれようが、意気地なしと罵られようが、
とにかく、その人格否定の場から逃げ出したくなるもの
なんですよね。
特に、当時の私は、ようやく色々な傷も癒えて、少しずつ
社会復帰をしていったところだったので、この厳しい言葉は、
本当に堪えました。
3日間、布団にこもってうめいていたのは、本当のことで
誇張表現でも何でもなかったんです。
そこまで叩きつぶされ、もう這い上がれない、と思って
セミナーなんかもう二度とやるものか! と本気で思って
いる気持ちが、心を占めている中で、それでももう一度
逃げずにやっていこう、と思ったのは、ただただ、
  「このままではだめになるという恐怖」
という、元々の成長のきっかけとなった、この想い
だけだったんですよね。
いくら言い訳しても、結局そこから逃れられるのは、
一時期の現実逃避のみ。
その後に待っているのは、どん底に落ちたあのときの
すくわれないような状態。
その怖さを分かっていたからこそ、とことんまで否定されても、
そこから逃げることなく、布団から這い出すことが出来たのです。
どん底に落ち、そこから這い上がる経験をしておくメリットは、
こんな所にもあるかもしれませんね。
さて、上で紹介したブログでは、このあと1年間の間が
飛んでおりますが、ここでも色々ありました。
そのことについては、また明日以降のメルマガでご紹介
いたしましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

popup